便秘のタイプを知ろう

便秘のタイプを知ろう

 

身体は、必要なものをエネルギーに変えて必要な分だけをとり、それ以外はすべて体外へ便や尿として排出します。このシステムが正常に動いていれば便秘になることはありません。いらないものを身体がきちんと外に出せるというのが理想的な状態です。便秘で悩んでいる人はそれがクセになってしまっていたり、治らないと思っているようで、便秘は治りにくいものだという認識があるようです。実は便秘には種類が三種類あるのですが、それぞれに合った対処をしなければ治らないものなのです。しかし、自分の種類さえ分かれば対処法はありますので安心してくださいね♪

 

黒く固い便が出る、お腹が張るタイプ

このタイプの人は腹筋が弱い女性に多くおこる便秘です。すっきり排出するためには筋肉が必要な蠕動運動を起こす必要がありますが、ダイエットやたんぱく質不足などによって筋肉が少ないとこの便秘になります。このタイプの便秘は、たくさん食べないとたくさん出ない便秘なので、食事量をきちんととらないと便が形いなる材料が乏しいのです。筋肉がないことと、食事の量が少ないことが原因で排便まで時間がかかるので、長時間腸内に便が留まる事になり、水分が奪われてどんどん固くなってしまいます。そして固い便を外に出すのはより難しく、出しても残便感があります。

 

便秘と下痢を繰り返す、腹痛を感じる時もあるタイプ

大腸が過剰に運動してしまう便秘です。便が水分を充分に吸収するまえに、過剰な蠕動運動が起こって下痢が起こってしまいます。胃腸が動きやすい食後にお腹が痛くなるケースもあります。精神的なストレスが主な原因でなる症状ですが、下剤や食物繊維のとりすぎでなることもあります。

 

便が固く、排便の時に痛いタイプ

便が肛門付近まで降りているにも関わらず、便意を感じにくくなっています。特に女性は外での排便を避けがちです。長く便意を無視することで腸は刺激に慣れてしまい、次第に脳も排便の指示を出さなくなってしまいますので、便意を感じにくくなってしまいます。便が最も固くなってしまうタイプなので、力んでもお腹に力が入らなくて出ないというタイプです。

症状はその時々によって変わることもありますので、こまめに自分の状態を把握して対処しましょう。ちなみに、旅行などで環境が変わった時に便秘になることがありますが、これは一時的なものなので心配しなくても大丈夫です。生活リズムが落ち着く頃には自然に解消されます。

自分がどのタイプの便秘かわかったら「便秘のタイプ別対処法」を読んで、ぜひ実行してみてくださいね♪