便秘とイライラの関係について

便秘とイライラの関係について

便秘がちな人はイライラしている人が比較的多いです。いつも怒りっぽくて、苛立っていることがあります。もちろん、便秘がつづいているためにお腹がはって辛いということもあるでしょう。しかし、それ以外にも、イライラは便秘と密接な関係があるのです。便秘がつづいている状態であるということは、その人の胃腸では悪玉菌がたくさん増えているということです。悪玉菌は胃腸内で有害なものをたくさんつくりだし、身体の調子をくずしていきます。その中に、アミン化合物というものがあります。

 

悪玉菌によってつくり出されたアミン化合物は、自律神経に影響をあたえます。アミン化合物により、自律神経の機能が乱されてしまうのです。自律神経は精神的なものと密接な関係があるため、イライラを生じることになってしまいます。便秘はただお腹がはったり、お通じがなくて困るというだけではないのです。自律神経の機能を乱れさせてしまい、精神的にイライラさせることになります。当然、人間関係も悪くなってしまうことがあるでしょうし、仕事や勉強もはかどらなくなる可能性もあります。

 

実生活に大きな影響をあたえてしまうのです。また、自分自身、いつも苛立っている状態でいるのは、精神的にとても辛いものがあります。ストレスがかかってしまい、より便秘になりやすくなってしまうでしょう。ストレスは便秘の原因のひとつでもあるため、悪循環に陥ってしまうのです。このような悪循環に陥らないためにも、便秘は改善していく必要があります。まず、気持ちをリラックスさせるようにしましょう。

 

好きなことをしたり、きれいな景色を見たりして、ストレスを発散させます。その上で食生活の乱れや、運動不足など、便秘の原因となっているものを改善していくことが大切です。規則正しい生活をおくることで、イライラも便秘も改善されていく可能性があるのです。精神的に気持よく過ごすためにも、身体の健康をしっかりと整えるようにしましょう。