下痢、便秘と大腸の病気の関係

下痢、便秘と大腸の病気の関係

便は大腸の健康のバロメーターでもあります。毎日健康的な便が出るならば、まず大腸は問題ないと言っても良いでしょう。しかし、3日以上便が出なかったり、下痢が続いたり、または下痢と便秘が交互に続いたりした時、便が出てもまだ便が残っているような感じやガスが溜まる感覚があったりした時、排便しても便の状態がおかしい時などは注意してください。もしかすると、大腸に異常があるのかもしれません。

 

一般的に便が3日以上出ない状態を便秘と呼びます。そもそも便秘であるのは、大腸が何かしらの原因で活動していないから起こります。便秘にも様々な種類があります。大腸がん、腸閉塞など、腸が何らかの原因で塞がる器質性便秘、大腸の蠕動運動に異常がある機能性便秘、薬の副作用による薬剤性便秘、妊娠、うつ、甲状腺機能低下などの疾患による便秘があります。

 

これらの原因もさることながら、便秘そのものも長く続いた状態を放っておいて悪化させると、時には命に関わる場合もあるので、長く排便していない、便意が感じられない、排便しても便の状態がおかしいと思ったら早めに消化器科や肛門科に相談してみると良いでしょう。ただの便秘かと軽く見ていたら、詳しい検査で大腸がんや子宮筋腫が見つかったケースもあります。激痛が走った時は、腸が絡み合ってしまう腸重積が考えられるのですぐにでも病院を受診して下さい。

 

常日頃から排便に難がある場合は、大腸を動かすことから始めます。食生活や生活習慣の乱れも、定期的な排便を阻害します。繊維質豊富な野菜や海藻類を積極的に摂り、適度な運動を行います。また、冷えも大腸の運動を妨げる要因ですので、体が冷えないように工夫するのも大切です。お腹が冷えると、神経質な人は下痢にもなりやすくなります。人体のあらゆる場所に悪影響を及ぼすストレスも、大腸の運動を阻害する原因の一つです。心身ともに無理なく過ごすことも、健康的な排便への一歩です。