旅行中の便秘とはもうおさらば!旅をめいっぱい楽しみましょう

旅行中の便秘とはもうおさらば!旅をめいっぱい楽しみましょう

旅行中の便秘とはもうおさらば!旅をめいっぱい楽しみましょう

 

『旅行中、便秘になった経験がある』

 

『家だと大丈夫なのに、旅行中は便秘になる』

 

『便秘がひどすぎて旅行に集中できなかった』

 

そんな悩みはありませんか?

 

ご安心ください、旅行前の対策で解決できます。

 

このページは、以下の人が対象です。

  • 旅行中の便秘で悩まされた経験のある人
  • 旅行の前に便秘対策をしたい人
  • 便秘薬を旅行中に使いたくない人

 

旅行前に便秘対策をしましょう。
そうすれば、便秘に悩まされることはありません。
旅行中の食事を楽しめたり、旅自体に集中できます。

 

このページを最後まで読むころには、便秘を心配しながらの旅行とは、今日でおさらばできますよ。

 

旅行中、便秘の原因になる行動5選

そもそも便秘とは、腸内のどこかに便が長時間とどまっている状態。

 

大部分の理由は、便意がないからです。
便意は、便を出したいという脳からの命令(便意)になります。

 

脳から命令(便意)が出る合図は、直腸の壁が便により、押し広げられたときです。
つまり、便が直腸まで届かなかったり、少ない量では直腸の壁が押し広げられません。

 

結果、便が長時間とどまり、便秘。

 

旅行中おこる便秘の大半は、便が少量か、直腸まで便が運ばれないのが原因です。

 

旅行中の行動で、便秘の原因になるものを、以下で説明します。

 

緊張で便意がこなくて便秘

緊張は、身体がストレスをうけている状態。
ストレスは、身体の自律神経の乱れをおこします。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類。
交感神経が働いているときは、腸のぜんどう運動がおこなわれません。

 

腸のぜんどう運動とは、腸が便を外に向かって移動させる動きのことです。
ぜんどう運動がおこなわれないと、便が移動できません。

 

直腸に便がいかないと、便意は感じません。
ストレスは交感神経を働きやすくするので、便意を感じず、便秘になります。

 

海外旅行の場合は、犯罪に巻き込まれないように行動したりと、緊張する場面がおおいですよね。

 

睡眠不足による自律神経の乱れで便秘

睡眠不足も、緊張と同じくストレスにさらされている状態です。
同じように自律神経の乱れとなり、便秘へとつながります。

 

旅行中は、夜遅くまで遊び歩いたり、友達と一緒に部屋で飲みなおしたりして、夜更かしをしていませんか?

 

水分不足で便秘

便は水分を失うと硬くなります。
硬くなった便は、動きにくく、直腸まで届きづらいです。
便が直腸まで届かないと、直腸の壁を刺激できず、脳からの命令(便意)がきません。
こうなると、便秘ですよね。

 

 

旅行中に、楽しすぎて、こまめに水を飲むのを忘れていませんか?

 

栄養バランスの崩れにより悪玉菌が増え、便秘

悪玉菌が増えるのがダメな理由は、悪玉菌が腸のぜんどう運動を邪魔するからです。
ぜんどう運動がおこなわれないと、便が動かず、便秘になります。

 

腸のぜんどう運動とは、腸が便を身体の外に向かって移動させる動きのことです。
ぜんどう運動がおきないと、便が移動できません。

 

旅行中は、高カロリーの食事をたくさん食べていませんでしたか?
そうなると、消化に負担がかかり、うまく食事が消化されません。
消化されなかった食事は悪玉菌の大好物なので、菌が増える原因になります。

 

スケジュールに合わせて動いた結果、便意を我慢して便秘

便意の我慢を繰り返すと、脳からの命令(便意)が甘くなります。
つまり、直腸に便が到達しても、便意を感じません。

 

ツアーに参加や友人と一緒だと、自分の都合だけで、トイレにいきづらいですよね。
そんなとき、トイレ我慢していませんか?

 

 

旅行中、便秘にならないための出来ること!
つま先立ち、早歩き、入浴で腸の動きをよくする

つま先立ち、早歩き、入浴は血行がよくなります。
腸にも血管があり、血行がよくなると、動きが活性化。
腸の動きが活性化されると、便を直腸まで移動させやすく、便秘の改善につながります。

 

リラックスできる方法を探し腸の動きをよくする

普段使いのアロマ、自宅で使っていてリラックスできるものを事前に準備しましょう。
ストレスには、リラックスで対処。理由は、副交感神経を働かせるためです。
副交感神経が働いてるときは、腸のぜんどう運動がおきやすく、便意も感じやすくなります。

 

 

犯罪を気にしたり、はじめての場所で戸惑ったり、小さなストレスを感じないのは難しいですよね。旅行中の便秘対策では、ストレスをなくそうとするよりも、ストレスに対処する考え方が大切ですよ。

 

水分をとり便意を呼び込む

1日に2L 以上の水分をとるようにしましょう。
水分の役割は便を柔らかくしたり、便の量を増やすことです。
その結果、便意がくるようになります。
水分によって、腸が動きやすくなり、直腸の壁が刺激されるからです。

 

食物繊維のサプリメントを事前に準備

食物繊維は、旅行先でジャンクなものをたくさん食べたときに必ず不足します。
ぜひ事前にサプリメントを準備しておきましょう。

 

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
不溶性食物繊維は便の量を増やし、水溶性食物繊維は善玉菌のエサです。

 

善玉菌とは悪玉菌の増殖を抑え、腸の運動を活発にします。

 

旅先でも、ジャンクやスイーツばかりでなく、食物繊維を意識して食べましょう。

 

食物繊維のおおい食材は、以下です。

  • 豆類(枝豆、大豆)
  • ひじき
  • 寒天
  • 果物(干し柿、りんご)
  • 大根
  • こぼう

 

乳酸菌のサプリメントで善玉菌を増やす

乳酸菌は、善玉菌の1つです。
乳酸菌サプリメントを事前に準備しておきましょう。

 

サプリメントを使用する理由は、旅先で発酵食品をとれるとは限らないからです。
発酵食品とは、善玉菌が含まれている食品。
例えば、納豆、ヨーグルト、キムチが代表的です。

 

 

マッサージで腸を刺激し、便意を呼び込む

マッサージで腸を外から刺激すると、腸の働きを活性化できます。
マッサージをとり入れてください。

 

やり方は、へその下から時計回りにおなかを押していきます。
6時からはじまるイメージですね。

 

食後は、消化活動の邪魔をしてしまうので避けましょう。

 

スケジュールを事前に把握し、トイレにいく時間を決めておく

 

理由は、トイレを我慢しないためです。

 

先述のとおり、トイレの我慢は脳からの命令(便意)が出にくくなります。

 

まとめ

便秘対策は、旅行先でも使えます。
しかし、旅行前に対策をするほうがおすすめです。

 

理由は、便秘改善には時間を必要とします。

 

例えば、便秘改善するのに2時間かかった場合、その2時間は旅行を楽しみづらくないでしょうか。

 

旅行前に対策し、めいっぱい楽しんだ旅行は、必ずいい思い出になりますよね!


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る