腹圧と便秘

腹圧と便秘と下痢

 

腹式呼吸は横隔膜を上下させてこなう呼吸です。息を吐く時におなかがへこみ、吸う時に膨らむのでまるで内臓のマッサージをしているようです。健康的な人は通常、浅い呼吸である胸式呼吸と深い呼吸である腹式呼吸を無意識に使い分けています。しかし、強いストレスをしょっちゅう受けていると脳や身体の緊張がほぐれないので、無意識に胸式呼吸に偏ってしまいます。

 

腹式呼吸をする回数が少なくなると、内臓や神経を包んでいる横隔膜や腹膜に柔軟性がなくなることで排便に必要な腹圧も低下してしまいます。腸を活発に働かせるためには、日頃から意識して腹式呼吸を行う事が必要です。腹式呼吸によって横隔膜が上下すると、適度に腹圧がかかりますので、腸が刺激され、血行が促進され蠕動運動も自然に行われるようになります。腹式呼吸をすると、自律神経の副交感神経も優位になりますので、胃腸の働きがスムーズになりますよ。

 

便秘に悩んでいる方に腹式呼吸がおすすめなのはもちろんのことですが、実は過敏性腸症候群の方にもおススメなのです。というのも、腹式呼吸をすると心と体の両面からリラックスさせる作用がありますので、ストレスによる便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群の方はいつでもどこでも積極的に腹式呼吸をおこなうようにしましょうね。

 

特に、朝の通勤電車の中やイライラするときや大事な会議の前などにお腹を意識しながら5分以上続けてみましょう。徐々に気持ちが落ち着いてきますよ。気持ちが高ぶって眠れないというような時にもあおむきで身体の力を抜いて、腹式呼吸を行う事により、すうっといつの間にか眠ってしまいますからぜひやってみてくださいね♪