激しい運動は腸を緊張させるので逆効果

激しい運動は腸を緊張させるので逆効果

 

腸と運動の関係についてお話しますね!運動することはとても大事なことです。特にパソコンやスマホなどが普及した現代、身体を動かす機会が昔に比べると格段に減っています。適度な運動をすることは、発汗を促しますし、身体の血流をよくしたり、代謝を活発にする様々な効果が期待できるんですよ。

 

しかし、体内の毒素や老廃物を排出するという点からいえば、運動で汗を流すことよりもお通じをスムーズにするほうがはるかに重要なのです。それを考えると食事に気をつける必要があります。良く食べて、よく出すという事をメインに考えた方がよいですね!

 

でも、もし運動を取り入れていきたいのならば、食事の改善によって「消化・吸収・排泄」がきちんと出来たところで、その働きを更に高めるために行うほうが効果的になります。そちらのほうが、より早く腸の健康を取り戻すことが出来ます。

 

運動する時に注意してほしいのが、あまり激しい運動は避けるということです。腸はリラックスしたときに動きやすくなるという性質がありますので、便秘の方は出来るだけゆったりした運動を取り入れるようにした方が活性化しやすいです。はげしい運動でカロリーを消費すればやせられるわけでもないのです。

 

便秘の方は、ジョギングよりもウォーキング、エアロビよりもヨガやピラティスなどに挑戦してみましょう。一般の方は激しい運動であまり自分を追い込むのはやめましょう。それよりも、ゆったりした運動で身体の緊張をほぐし、いつも酷使している腸をリラックスさせてあげる方が大事です。そして、運動をするなら細く長く続けるようにしてみましょうね。