便秘時の整腸剤の効果と注意点に関する説明

便秘時の整腸剤の効果と注意点に関する説明

便秘とは、何らかの原因で正常な排便が困難になる症状のことです。整腸剤はこの便秘の症状を改善するための薬です。運動や食生活の改善だけでは、症状の解消が困難な場合に補助的に使用されます。この薬は、病院での処方薬や市販薬として入手することができます。整腸剤の主な効果は、腹部の膨張感を抑える効果や下痢や便通を改善する効果などがあります。

 

便秘薬が直接的に腸に働きかけて排便を促して便秘を解消するのを目的にしているのに対して、整腸剤は腸の働きに有用な菌を外部から補って腸内環境を整えて、腸の正常な働きを整えることを目的にしています。便秘薬に比べると効果が穏やかですが、体にかける負担も少なく副作用が少ない特徴があります。薬の主成分は、腸内環境を整えるための菌が多く使用されています。

 

主なものとしては、ビフィズス菌やカゼイン菌や納豆菌などがあります。整腸剤を服用する際の注意点としては、使用上の決まりを守ることと、薬の役割を正しく把握することです。使用上の注意としては、定められた用法と用量を守ることや、他の薬と一緒に服用しないことなどがあります。これらの決まりを守らないと、正常な効果が得られないだけでなく下痢や腹部膨満感や他の問題を引き起こすことがあります。

 

使用上の決まりは、薬の説明書やラベルの表記で確認することが出来ます。薬の役割を正しく把握することとしては、薬の効果は腸の働きを整えるためのもので、食事や病気の治療に代わるものではないことを理解することです。薬で症状を改善しても、便秘に対する対策は別に必要になります。また、食べ物のように日常的に摂取する類のものではないので、必要のない時には服用を制限する必要があります。

 

その他の注意点としては、便秘以外の病気を抱えている場合は、それらの病気に悪影響を与えないように、事前に薬剤師や医師などに確認する必要があります。一定期間ごとに効果を確認することで、薬の効果や副作用の影響を客観的に把握することが出来ます。一定期間整腸剤を服用しても症状の改善が見られない場合や、副作用が強く出る場合は、薬の服用を停止して医療機関で診察を受ける必要があります。