便移植で便秘解消

便移植で便秘解消

 

皆さんは便移植をご存じですか?アメリカで主に行われている治療法ですが、腸内細菌の乱れがある人に対して、他人の便を移植するという治療法です。アメリカでは保険適用になっている治療法なのです!詳しい内容としては、腸内細菌が乱れている人に健康な人の便をカプセルに入れて飲ませます。大腸内視鏡を使って、盲腸まで挿入して他人の便を入れるという方法もあります。

 

腸内環境の乱れというのは、抗生物質の使用によっておこります。強い抗生物質を使用すると病気を起こしている有害な細菌も死にますが、腸内の善玉菌も死んでしまいます。そして、腸内のほとんどの菌が死滅することによりクロストリジウム・ディフィシルという細菌だけが生き残り繁殖し、腸内に膜を張ったような腸炎である偽膜性腸炎という病気を引き起こします。

 

偽膜性腸炎になるとひどい下痢が続いたり、血便や発熱がおこりますが、アメリカでは年間50万人の人がこの偽膜性腸炎にかかり、3万人の人が無くなっているそうです。そして、その治療に対して施されているのが便移植という治療なのだそうで、1〜2回の便移植でほとんどの方が完治しているそうです。

 

他にも腸内細菌の乱れが原因の一つだと言われている、難病指定の潰瘍性大腸炎の患者さんに対しても日本で便移植が始まりました。自分以外の便を体内に取り込むわけですから、抵抗がある患者さんもいますので、だいたい近親者や配偶者の便を使って治療されるようです。

 

ヨーグルト100gにはたった1種類の乳酸菌が200億個含まれているのに対して、健康な人の便100gの中には様々な種類の100兆個の腸内細菌が含まれています。それを考えると便移植がいかに桁違いに有効なのかがわかりますよね。