便秘には断食もおすすめ

便秘には断食もおすすめ

 

断食というと宗教的なイメージがありますが、昨今では心と体の健康を整える治療法の一つにもなっています。断食というのは一定期間食事を摂らない事ですが、これがどうして便秘に効くのでしょうか?どのように腸に効くのか?といいますと、第一に日頃の飽食で働きどおしの胃や腸などの内臓を休ませてあげる事にあります!

 

胃腸は毎食ごとに送られてくる食事を消化して、栄養を吸収していますが、しばらくするとまた次の食事がやってきます。現代では肉類や脂肪分の多い食事が増えているため、消化に非常に時間がかかる傾向もありますよね。更に間食が多い人の場合はもっと胃腸を酷使していることにもなります。断食とはこのように働きすぎの胃や腸を休ませて、一定期間の休息を与える事により再び活力を取り戻させるための方法になります。

 

断食によって腸の負担が軽くなると、腸の中に溜まっている食べ物のカスや便などの老廃物が活発に排泄されます。数日の断食により、2リットルもの便や老廃物が出る人もいます。ある研究結果によると、断食によって実際に悪玉菌の減少が見られ、腸内の有害物質が大きく減少することも確認されているそうです。そうなることによって腸内環境が良くなり、善玉菌優位になるというわけですね!

 

断食による効果は腸内環境が整う以外にも、体内の毒素が排出される、体脂肪を燃焼させることにより肥満や高血圧が改善される、自律神経のバランスが整う、頭がすっきりして五感が鋭くなる、食事のありがたさがわかり食生活の改善になる、ストレスから解放される、などの作用があると言われています。