大腸ポリープには良性と悪性がある

大腸ポリープには良性と悪性がある

 

病院の胃カメラの検査で「ポリープ」という言葉を聞くとドキッとする人も多いと思います。ポリープはがんと混同されがちですが、隆起している症状を「ポリープ」と言い、良性と悪性があります。ポリープは「炎症性」と「過形成性」と「腺腫性」の三つにわかれています。この中でガン化の可能性が高いのは「腺腫性ポリープ」です。腺腫性ポリープの中で、隆起性、平坦型のものは良性や悪性のポリープ、陥凹型のものはがんの確率が高いです。良性のポリープでも5mm以上になるとがんの危険性が高まります。

 

ポリープが発生しやすいのは、老廃物が蓄積しやすい直腸やS状結腸あたりです。加齢とともに発生率が上がります。50〜60歳の人の3割に見つかりますが、最近では若い人の発症率が高く、40代ではかなりの確率す。良性の過形成性のポリープや炎症性のポリープは何らかの腸の炎症で起こりますが、がんになりやすい腺腫性のポリープの多くの原因は、肉食や脂肪の多い食生活だと言われています。

 

ポリープの早期発見に効果が高いのは大腸内視鏡検査です。検査の結果、直径5mm以上のポリープが見つかった場合、切除手術を行い、それより小さかったら切除しないで様子を見ます。ポリープを切除した人は切除しなかった人に比べて大腸がんの発生率が明らかに低くなるという研究結果があるそうです。ポリープを切除した人の5年以内のがん発生率は1%以下に対して、切除しなかった人は5%ということです。