いちばん脂肪になりにくいおやつ時間

いちばん脂肪になりにくいおやつ時間

 

ビーマルワンという脂肪を蓄えるたんぱく質が一番少ないのが午後3時

便秘で悩む人の中には、肥満が気になる人もいるかもしれませんね。痩せたい人で、甘いものが食べたい時は15時に食べると一番太りにくいです。というのも栄養はとる時間によって吸収率が異なるからです。身体の中には、ビーマルワンと言われる脂肪を蓄えるたんぱく質があります。これは時間帯によって出る量がちがうのです。このビーマルワンが一番出るのが午後10時〜午前2時までの時間です。反対に一番分泌が少ないのが午後3時である、まさにおやつの時間なのです。その分泌量の差は20倍にもなるんですよ!!

 

気をつけたい!午後10時〜午前2時の太りやすい時間帯

なので、太りたくない人は甘いものは15時までに食べ終えておくのがおすすめです。逆に午後10時から午前2時は甘いものはなるべく避けるようにしましょう。まさに太ってしまう時間帯だからです。夜が深まるほどヘルシーな食事をとることが大切なのですね♪ある調査では、働く女性は夜に脂っこいハンバーグや揚げ物などのボリュームのあるものを食べています。食べているものは、昼と夜同じでも、22時以降であれば脂肪を蓄えるたんぱく質が20倍も出ているという恐ろしい現実を頭に入れておきましょう!

 

午後10時過ぎて食事をするときはヘルシーメニューで

午後10時過ぎて食事をするときは、お茶漬けのお米の半分を崩した木綿豆腐に変えて、豆腐茶漬けにしたり、野菜がたっぷり入ったポトフや、トマトリゾットなどのヘルシーな食事を心がけることをおすすめします。また、美容ではよくお肌をきれいにする成長ホルモンの分泌のピークは午後10時〜午前2時と言われますが、これは一番太りやすい時間と同じ時間帯です。しかし最近の研究では時間に関係なく眠り始めからの三時間に成長ホルモンが分泌する事がわかったそうなので、時間にこだわる必要はないようですよ!