お肌をたるませないためには

お肌をたるませないためには

 

たるみの原因はむくみ!

歳とともに気になってくるのが「たるみ」です。たるみはむくみが放置されたものだと言われています。ということはたるみのもとはむくみです。ですので、たるみになるまえにむくみのうちになんとかしましょう!むくみとはまさに不要な水分が身体のなかに溜まっている状態です。本来なら、汗や尿として身体の外にだされるはずの水分がきちんと出ていないことによるのです。むくみの原因は筋肉不足や腎機能の衰えなどもあるのですが、塩分のとりすぎも影響します。

 

日本の女性の7割が塩分のとりすぎてむくんでいる

日本の約7割の女性が塩分(ナトリウム)過多で、5割の人がカリウム不足だと言われています。ナトリウムは水分を抱え込む性質があります。そのため、塩分をとりすぎるとむくみやすくなります。カリウムはその逆で排尿を促し、過剰なナトリウムを身体の外に出してくれる働きをします。ということは、むくみをとるには塩分を少なくして、カリウムをとればよいのです。

 

カリウムを含んでいる食材

  • 海藻類
  • バナナ、メロン、アボカドなどのフルーツ
  • ほうれん草などの野菜類、
  • さつまいもなどのいも類、
  • 大豆や小豆などの豆類、魚類、肉類
カリウムは加熱すると失われやすいですので、朝ごはんにキウイやグレープフルーツを食べたり、ランチにサラダをつけたり、おやつにバナナやドライフルーツを食べたりと生で取り入れるのがおすすめです。外食するときでも、海藻サラダやもずくを選ぶようにしましょうね。

 

カリウム不足の人は外食やお菓子をよく食べる人が多い

特に、カリウム不足に陥っている人というのは外食とお菓子をよく食べる人が多いです。外食中心の食生活をしているとどうしても塩分が多くなりますし、糖質も塩分と同じように水分を抱えやすいのでさらにむくみを加速させてしまいます。更に、市販のお菓子のほとんどは砂糖と油で出来ていますので、ビタミンB1という糖質をエネルギーの変える栄養素が不足してしまって糖質を分解することが出来ません。そして、ますます水分を排出することが出来ないのです。なので、むくみが気になる人は、お菓子を控えることと、カリウムを意識して摂ることを心がけましょうね。