便秘解消とオリゴ糖

便秘解消とオリゴ糖

 

便秘対策と言えば今やオリゴ糖は欠かせない存在になっていますよね。オリゴ糖は単糖が2〜20個結合したものを言います。他にも、ショ糖や麦芽糖などもありますが、こちらは小腸で吸収されやすいので、エネルギーにはなりますが便秘対策にはならないのです。

 

オリゴ糖には、「フラクトオリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」「ダイズオリゴ糖」など種類がいくつかありますが、これらのオリゴ糖は消化されずにそのまま腸に到達するので、ビフィズス菌のえさになって腸の善玉菌を増やしてくれます。腸管免疫には、がんや様々な病気から身体を守る働きがあるので、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える事が大事です。

 

オリゴ糖は納豆やネギ、アスパラガス、玉ねぎ、ごぼう、バナナ、リンゴ、蜂蜜などに多く含まれています。朝食などを摂る時に毎朝果物ジュースを飲むのも手軽で効果的です。果物の中では特にバナナにオリゴ糖が多く、1本あたり300mg程含まれていますし、食物繊維も1、1g含まれているので忙しくて朝食を食べる暇がないと言う時は、バナナ1本食べるだけでも便秘対策に良いのです。

 

これら、オリゴ糖の1日の摂取量は3〜5gですが、料理にも含まれますので、朝の果物ジュースや豆乳などを利用すれば必要量が摂取出来ます。スーパーなどでオリゴ糖は甘味料として市販されていますので、それを利用するのもお手軽ですね。果物やヨーグルトにかけたり、お料理の甘味に砂糖代わりに使ったりと幅広く利用できます。