知らないと便秘が悪化!コーヒーを便秘解消のつよい味方にしましょう。

知らないと便秘が悪化!コーヒーを便秘解消のつよい味方にしましょう。

知らないと便秘が悪化!コーヒーを便秘解消のつよい味方にしましょう。

 

『コーヒーで便秘解消はできるの?』

 

『コーヒー飲み過ぎてから便秘になった』

 

コーヒーは便秘解消にもなり、便秘にもなる。

 

いったいどっちなんでしょう。
わからなくなってしまいますよね!

 

いつもコーヒーが便秘解消になるわけではなく、いつもコーヒーを飲んで便秘になるわけでもありません。
便秘対策には、コーヒーを飲むタイミングが大切。

 

この記事の対象は、以下の人です。

 

  • 便秘解消のため、コーヒーを飲んでる人
  • コーヒーと便秘の関係をしらべてて、わからなくなった人
  • 習慣として、コーヒーを飲む人

 

コーヒーが大好きな人は、便秘の原因になったら悲しいですよね?

 

コーヒーの適した飲み方を、このページで理解しましょう。
コーヒーを控えなきゃいけない時がわかり、はやく便秘解消する方法がわかります。

 

つらい便秘は、はやく解消したいですよね。
コーヒーをよく知って、便秘改善のつよい味方にしましょう。

 

コーヒーが便秘解消によい理由は、腸のぜんどう運動を活発にするからです

腸のぜんどう運動が活発になるのは、コーヒーにふくまれる成分のおかげなんですよ。

 

腸のぜんどう運動とは、腸が便を身体の外に向かって移動させる動きです。
ぜんどう運動がなければ、便は移動できないので、便秘。

 

ぜんどう運動により便が直腸まで移動し、直腸の壁に便がふれると、脳からの命令(便意)がでます。

 

コーヒーが、腸のぜんどう運動を活発にする理由を以下で説明します。

 

カフェイン

コーヒーにふくまれるカフェインは、ぜんどう運動を活発にします。
カフェインが、腸の活動を活発にする刺激を身体にあたえるからです。

 

コーヒーオリゴ糖

コーヒーにふくまれるコーヒーオリゴ糖は、腸内にいる善玉菌のエサになります。

 

善玉菌の役割は、悪玉菌の増えるのを抑え、腸の動きの活性化です。

 

腸内には悪玉菌もいて、腸のぜんどう運動を邪魔します。
つまり、悪玉菌がすくなく、善玉菌がおおい方が腸のぜんどう運動がおきて、便秘が解消されやすいのです。

 

牛乳

牛乳にふくまれる成分が、善玉菌のエサになっています。

 

牛乳にふくまれる乳糖とオリゴ糖は、善玉菌のエサです。
牛乳には乳酸菌もふくまれ、生きて腸までとどけば善玉菌として、死んでしまっても善玉菌のエサになります

 

コーヒーを飲むときに牛乳をいれていますか?

 

 

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸も善玉菌のエサです。
つまり、腸のぜんどう運動の活性化につながります。

 

便秘解消につながるコーヒーの飲み方3選
タンパク質の食べすぎや、野菜など食物繊維をとっていないとき

悪玉菌が増えている状態だからです。
タンパク質は悪玉菌のエサになりやすく、食物繊維は善玉菌のエサになります。

 

悪玉菌がふえているとき、コーヒーを飲むとなにがおこるでしょうか。
善玉菌が増え、悪玉菌がへりやすくなる。
それにより、腸のぜんどう運動が活性化し、便秘の解消につながります。

 

朝、水と一緒にコーヒーを飲む

腸のぜんどう運動を活発にできるのと、脱水状態を解消するためです。

 

寝ているときも、腸はぜんどう運動をしていますが、コーヒーを飲むとぜんどう運動の時間を延長できます。

 

寝起きは軽い脱水状態なので、水が必要です。
コーヒーは利尿作用あり、身体の水分がうしなわれます。

 

水と一緒に飲むと、利尿作用で失う水分を補給しながら、腸のぜんどう運動を活発にできるので、おすすめです。

 

 

ブラックで飲むか、牛乳やオリゴ糖をいれる

牛乳やオリゴ糖は、善玉菌のエサになるからです。
ブラックで飲む理由は。砂糖をいれないため。
砂糖は悪玉菌の大好物なので、コーヒーを飲んでも悪玉菌を増やすことにつながります。

 

便秘解消のためにやめるべき、コーヒーの飲み方3選

水分不足の状態で飲む、大量にコーヒーを飲む、砂糖をいれて飲む。

 

これらの飲み方は、便秘解消ではなく、悪化させる飲み方です。

 

そもそも便秘とは、腸内のどこかに便が長時間とどまっている状態。

 

大部分の理由は、便意がないからです。
便意は、便を出したいという脳からの命令(便意)。

 

脳から命令(便意)が出る合図は、直腸の壁が便により、押し広げられたときです。
つまり、便が直腸まで届かなかったり、少ない量では直腸の壁が押し広げられません。

 

結果、便が長時間とどまり、便秘。

 

以下では、便秘を悪化させないために、なぜやめるべきなのかを説明します。

 

水分不足状態で飲むのがダメな理由

コーヒーにふくまれるカフェインの利尿作用が原因で便秘になるからです。

 

カフェインの利尿作用で、身体から水分がぬけていきます。
コーヒーを飲んで、おしっこにいきたくなった経験はありませんか?
あれが利尿作用です。

 

身体から水分がなくなると、便が硬くなってうごきづらい。
さらに、便の量もへるので、便秘につながります。

 

普段から、あまり水分をとらない人は便秘になりやすいです。
水分をとらない人がコーヒーを飲むと、利尿作用により、さらに便秘を悪化させます。

 

便秘にならないためには、1日に2L以上の水を飲むことが目安です。
自分が普段からちゃんと水分をとっているか、確認しましょう。

 

コーヒーを大量に飲むとダメな理由

大量に飲めば飲むほど、利尿作用によって水分がうしなわれるからです。
コーヒーの1日の適量は、3杯くらいまでといわれています。
飲みすぎていないでしょうか?

 

砂糖をいれて飲むのがダメな理由

砂糖は悪玉菌の大好物で、腸のぜんどう運動を邪魔するんでしたよね。
コーヒーに砂糖をいれるのは、悪玉菌をふやす行為です。
砂糖をいれずに甘くしたいなら、善玉菌のエサになるオリゴ糖にしましょう。

 

まとめ

便秘対策にコーヒーは、良し悪しです。

 

コーヒーに限ったことではないですが、〇〇してればいいという考え方では便秘になってしまいます。
なぜなら、便秘の原因は一つでないからです。

 

コーヒーは薬にもなり毒にもなるもの。
いつでも飲みさえすればよいとはならないですよね。

 

好きで飲んでいるコーヒーが便秘の原因となったら悲しいはず。
そうならないために、コーヒーが身体にどんな影響があるのか知っておく必要があります。
状況に応じてコーヒーを、便秘対策として使えるようになりましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る