毎日気軽に飲める緑茶が、便秘に効果的な理由を紹介

毎日気軽に飲める緑茶が、便秘に効果的な理由を紹介

毎日気軽に飲める緑茶が、便秘に効果的な理由を紹介

みなさん、緑茶が便秘に効果的なことをご存知でしょうか?便秘に悩んでいる方で、「薬を飲まないといけない」「食生活を見直さないといけない」と思っている方も多いかと思います。

 

しかし、実は緑茶を飲むことで、便秘を解消することができるのです。今回は、毎日気軽に飲める緑茶が、便秘解消につながることについて、ご紹介していこうと思います。

便秘になってしまう5つの原因

便秘になる理由は様々ですが、今回は主に以下の5つが原因で便秘になることが多いです。

  • 食事の取り方や量による原因
  • 体温による原因
  • ストレスによる原因
  • 運動不足による原因
  • 妊娠などに起こるホルモンバランスの変化による原因

 

以上のように、いくつかの原因が予想され、今回は体温や食事に関係した便秘解消方法をご紹介します。

 

緑茶が便秘に効果的な理由とは

緑茶だけでなく、お茶に関しては、便秘解消につながるものがいくつもあります。なぜ、便秘解消に良いかというと

 

水分補給になるので、水分不足を防げる

ビタミンやカテキンなどが含まれているものがあり、腸内環境を整えてくれ、食物繊維が含まれているものがあり、水分の多い便を作れるようにします。

 

このように、お茶には様々な成分や効果があり、日常に取り入れやすい便秘解消方法になっています。水を飲むことも大事ですが、腸内環境を整える成分も取り入れることで、便秘改善により近づきます。そして、コンビニや自動販売機などでも購入ができ、気軽に手に入れられるので、非常に便利です。

 

より効果的に便秘を解消する緑茶の飲み方を紹介

ここからは、緑茶を飲むだけでなく、より効果的に便秘を解消できるようにする飲み方を紹介していきます。

 

温かくして飲む

便秘の原因は色々ありますが、冷えは便秘につながる大敵です。できるだけ、冷たいお茶は避けて、温かいお茶を飲むように心がけましょう。

 

毎日、こまめに飲むようにして水分不足を防ぐ

便秘を解消するために一番大事なことは、水分補給をこまめにしっかりすることです。特に食事中や仕事など、ゆっくりできる時には、温かいお茶をこまめに飲むようにしましょう。

 

カフェインレスの緑茶を飲んで、翌朝スッキリ

排便するときの腸の動きを「蠕動運動」といって、朝起こりやすい活動です。カフェインレスのお茶を飲むことで、翌朝、腸の働きが活発になり、すっきりすることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?緑茶を飲むと、ビタミンやカテキン、食物繊維などが取れるものもあり、排便を促してくれます。注意することは、「温めて」飲むことです。冷えた飲み物ばかり飲んでしまうと、カラダが冷え込んでしまい、便秘につながってしまったり、悪化させてしまいます。ぜひ、このページを参考に、緑茶で便秘を解消してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る