コーヒーが便秘に良いってホント?正しい飲み方

コーヒーが便秘に良いってホント?正しい飲み方

コーヒーが便秘に良いってホント?正しい飲み方

便秘解消法のひとつに「コーヒー」があります。しかしこのコーヒーには諸説あり、下痢になってしまう人、逆に便秘になってしまう人がいます。そのため、便秘解消にコーヒーが良いと言われても、「本当に?」と疑問に感じる方も少なくないでしょう。

 

便秘解消法は、すべての人に同じ効果をもたらすわけではありません。そこを十分理解したのち、コーヒーで便秘を解消する方法を実践してみてください。

 

なぜコーヒーが便と関係しているのか

冒頭での述べたように、コーヒーを飲むと便秘が解消する場合と、逆に便秘になる場合があります。このように、なぜコーヒーは便と関係しているのかというと、コーヒーに含まれている成分に原因があると言われています。

 

そもそもコーヒーには、カフェインが多く含まれていますが、他にもコーヒーオリゴ糖やビフィズス菌なども含まれています。なかでもカフェインは腸を刺激する働きがあるため、腸の弱い人はどうしてもお腹を壊してしまうのでしょう。しかしその一方で、カフェインが腸の蠕動運動を活発にし、排便を促します。コーヒーを飲んで便秘が解消される方は、上手にカフェインが働いているということになるわけです。

 

コーヒーオリゴ糖にも、カフェインと同じように腸を活発にさせる効果があり、カフェイン+コーヒーオリゴ糖のW効果で頑固な便秘も改善できるのかもしれません。

 

ちなみにビフィズス菌は、ミルクを入れて飲んだ場合の成分です。そのため、ミルクなしで飲んだ場合は含まれません。

 

賢くコーヒーを飲む方法

コーヒーは腸を活発にし、便秘を解消してくれる優秀な飲み物です。しかし、飲み方を間違えると下痢や便秘の原因にもなりますから、「正しい方法で飲む」ことを意識しなければいけません。

ホットorアイス
夏場はアイスで飲みたくなりますが、お腹を冷やしてしまうのでホットで飲むようにしましょう。お腹も温まり一石二鳥でしょう。ミルクをプラスするとビフィズス菌も摂取できるのでおすすめです。
飲むタイミング

基本的にいつ飲んでも良いのですが、カフェインは刺激が強いため、空腹時に飲むと胃を痛めてしまう恐れがあります。ですので、食後がベストです。また午後より午前のほうが眠気冷ましにもなり仕事に支障が出ません。

1日の摂取量

たくさん飲めば良いというわけではありません。コーヒーはカフェインですので、過剰摂取は避けましょう。便秘解消で飲む場合は、1日にコップ2〜3杯程度でOKです。

コーヒーを飲むときの注意点

コーヒーには利尿作用や消化機能の低下、腸の痙攣などマイナス点もあります。便秘を改善させたいがために飲んでいたのに、逆に下痢や便秘になってしまった方や胃痛を起こしてしまった方は、特に注意が必要です。すべての人にコーヒーが合うわけではありませんから、合わない場合は無理に飲まないようにしてください。また量を飲みすぎている方は、調整しましょう。

 

まとめ

コーヒーにはカフェインやコーヒーオリゴ糖が含まれており、便秘解消に役立つことが分かりました。しかし一方で、利尿作用や消化機能の低下などで下痢や便秘を引き起こしてしまう恐れもありますから、飲みすぎだけには十分注意してください。賢くコーヒーを摂取して、便秘を解消させましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る