白湯は内臓を温め便秘以外の効果も期待できる!

白湯は内臓を温め便秘以外の効果も期待できる!

白湯は内臓を温め便秘以外の効果も期待できる!

便秘に良い飲み物はたくさんあります。そのひとつが「白湯」です。白湯は誰でも簡単に作れますし、今すぐはじめられるので「便秘で悩んでいる」という方は、ぜひトライしてみてください。

 

ここでは、白湯が便秘解消に良い理由と飲み方を紹介します。

 

白湯が便秘に良い理由

白湯はご存知のとおり温かい水ですが、温かい水と言ってもお湯とは異なります。あくまで白湯はお湯を適温に冷ましたもので、別名「湯冷まし」とも呼ばれています。

 

そんな白湯が便秘に良い理由は、「腸の動きが良くなる」ためです。もともと温かい飲み物は内臓を温めてくれるので冷え性の改善にとても良いと言われていますが、白湯は水を沸騰させ冷ましているので、不純物がありません。また他の飲み物のようにカフェインや甘味料などが含まれていないので安心です。

 

こういった理由から、便秘解消に白湯が良いと言われているのでしょう。

 

便秘以外の効果とは

もちろん、白湯は便秘以外にも効果が期待できます。

 

美肌

体の中から綺麗になれるので、当然肌状態も良くなります。肌荒れや吹き出物は内臓からきているといっても過言ではないため、積極的に白湯を飲むことで美肌効果も期待できます。

 

ダイエット

女性には嬉しい効果です。白湯を飲むだけで痩せるというわけではありませんが、内臓を温めてくれるので基礎代謝がアップします。よって、痩せやすい体質になるというわけです。

 

白湯の正しい飲み方

白湯はあくまで沸騰したお湯を冷ました水なので、ただ水を温めれば良いというわけではありません。ですので、白湯を作るときは必ずやかんor鍋を使ってください。電子レンジで温めた水は白湯にならないので気をつけましょう。

 

作り方は、

  1. やかんに水を入れフタをし沸騰させます。
  2. 沸騰後、フタをとってしばらく沸かします。
  3. 火を止めたら、50度になるまで冷まし完成です。

フタをとってからの沸騰時間は10〜15分、火を止めてからは50度まで下げます。この時間と温度がポイントになりますので、少し多めに作って保温ボトルで保管すると良いかもしれません。沸かし直しはNGです。

 

飲むタイミングは、まず朝起きてすぐ。空腹の状態で飲むことで腸を綺麗にします。また腸お刺激するため、快便も期待できるでしょう。次に食事中、寝る前です。食事中に白湯を飲むことで代謝アップに繋がり、腸の動きを活発にさせます。寝る前に飲むとリラックス効果もあるので、ぐっすり眠ることができます。

 

まとめ

白湯は手軽にはじめられる便秘解消法です。内臓を温め腸を活発にしてくれるので便秘以外にも嬉しい効果がありますし、無理なく続けられるのでズボラさんにもおすすめでしょう。ただ白湯の作り方は簡単なようで難しいので、一度で1日分を作り、保温ボトルに入れて少しずつ飲むことをおすすめします。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る