炭酸水の刺激で便秘が解消する?正しい飲み方を知ろう

炭酸水の刺激で便秘が解消する?正しい飲み方を知ろう

炭酸水の刺激で便秘が解消する?正しい飲み方を知ろう

炭酸水が便秘解消に役立つと言われているのは知っていますか?炭酸水というと美容と健康にとても効果があることで知られていますが、そのひとつに便秘解消が挙げられます。ここでは、なぜ炭酸水が便秘解消に良いと言われているのか、関係性と飲み方、そして注意点を紹介したいと思います。

 

なぜ炭酸水で便秘が解消されるのか

炭酸水が腸を刺激することで、排便がスムーズに行えるようになります。正確には、炭酸水に含まれている「炭酸ガス」が大きく関係しており、また炭酸水は水分でもありますから、炭酸ガス+水のW効果で腸の動きを活発にし、便秘が解消されるというわけです。

 

便秘以外にも、血行促進や食欲増進、ダイエットなどさまざまな効果が期待できます。

 

便秘を解消する炭酸水の飲み方

ただ炭酸水を飲めば良いわけではありません。また飲むタイミングも重要になりますから、便秘解消目的で炭酸水を飲む場合は、「正しい飲み方」をしっかりマスターする必要があります。

 

まず、1日に飲む量は1.5リットル。この量は、1日に必要な水分量とほぼ同じです。もちろん個人差があるため、すべての人が1.5リットル飲むと便秘が解消されるというわけではありませんが、目安としてはこれくらいを意識しておくと良いでしょう。ちなみに、運動をする人としない人とでも飲む量が異なります。先ほどの量は運動をしない人の目安になり、運動をする人は3リットル程度飲んでも問題ありません。

 

これらはあくまで目安なので、慣れるまでは少量からはじめても良いですし、1.5〜3リットル飲むのはきついという方は、1.5リットル以下でもOKです。無理せず続けることが大切でしょう。

 

炭酸水を飲むときの注意点

炭酸水は人によっては膨張感を感じる場合があります。炭酸水を飲んでお腹が膨れる人は、大量に飲むと膨張感を悪化させてしまう可能性があるため、1日に1.5〜3リットル飲むのは危険です。また過敏性腸症候群の人も炭酸水が体に合わないので注意してください。

 

もし炭酸水を飲んでも便秘が解消されない人は、ただちに使用をストップすることをおすすめします。妊婦さんや高血圧の人も避けたほうが良いでしょう。

 

まとめ

炭酸水が便秘解消に役立つ理由が分かったと思います。しかし、なかには炭酸水で膨張感を感じたり、過敏性腸症候群の人は症状を悪化させてしまう恐れもありますから、飲むときは十分注意してください。1.5〜3リットル飲まなくても炭酸水の刺激で腸の動きは活発になりますので、まずは少量からはじめてみると良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る