便秘を解消するためのヨーグルトの食べ方

便秘を解消するためのヨーグルトの食べ方

便秘の解消にはヨーグルトが効果的ということは、広く知られていることですが、より効果的にするためにはいくつかのポイントがあります。まず、ヨーグルトが便秘解消によい理由ですが、含まれている乳酸菌が腸内環境を整えてくれることで腸の動きを良くし、排便などをスムーズにおこなってくれるのです。便秘解消を期待するのであれば、食前よりも食後にヨーグルトを食べる方がより効果的です。

 

乳酸菌は胃酸などに弱いため、食前よりも胃酸の濃度が低下している食後のほうが、乳酸菌が腸に届きやすくなるからです。特に1日の中でも、直食後がもっともよいとされています。摂取する時は、なるべく乳酸菌を多く含んでいたり、乳酸菌の効果が高いとされている種類のものを選ぶほうがよいでしょう。また、単体で食べるよりは、フルーツなど他の便秘に効果的な食物と一緒に食べることをお勧めします。

 

その中でも相性のよい食品を選ぶとより、便秘に対する効果が得られます。例えば、プラムを乾燥させてプルーンは、単体でも便秘解消によいとされています。ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなど、様々な栄養素を含んでいるため、健康や美容の促進にも効果を発揮してくれます。忙しい朝などは、乾燥プルーンを加えて食べるだけでOKです。毎日続けることで、手軽に便秘に対する効果が期待できます。

 

その他にもバナナ、いちご、キウイなどをはじめ、食物繊維を多く含んでいるフルーツを一緒に食べるのがよいでしょう。食べるタイプだけではなく、飲むタイプも効果的なので、上手に併用して毎日続けられるすることが大切です。最近では、善玉菌であるビフィズス菌が予め多く入っているタイプも発売されています。ビフィズス菌も腸内環境を整えるのに効果的なので、便秘の解消に悩んでいる方は一度試してみることをお勧めします。どのタイプを使用するにしても、毎日続けることが大切です。1日に大量に摂取したからといって、高い効果が期待できるものではないので、適度な容量を守りながら、毎日続けられるようにしましょう。