便秘解消に豆乳が良い?理由とおすすめのアレンジレシピ

便秘解消に豆乳が良い?理由とおすすめのアレンジレシピ

便秘解消に豆乳が良い?理由とおすすめのアレンジレシピ

便秘が解消されると、気になるお腹周りもスッキリし体重もみるみる落ちていきます。「ダイエットをしているのになかなか痩せない」と悩んでいる方は、もしかしたら便秘が関係しているかもしれません。ここでは便秘解消に良いと言われている“豆乳”について、どんな効果があるのか紹介したいと思います。

 

豆乳が便秘に良い理由

便秘に良いものはたくさんあります。そのなかで特に効果が高いのが豆乳です。豆乳はご存知のとおり大豆製品の一種で豆腐から作られています。豆乳の種類によって特徴は異なりますが、タンパク質やカルシウムが豊富に含まれており、便秘にも良いと言われています。

 

便秘に良い理由は「オリゴ糖」にあります。正確には「大豆オリゴ糖」と言い、腸内の善玉菌を増やしてくれます。善玉菌の多い腸内は腸内環境が整っているので便秘になりにくく、体に良い影響を与えてくれるので健康的になれるのでしょう。

 

豆乳なら何が良い?

ただ豆乳にはいろんな種類があるため、すべての豆乳が便秘に良いかと言ったら残念ながらそうではありません。「毎日豆乳を飲んでいるのに効果がない」という方は、もしかしたら豆乳の種類が関係しているかもしれません。ここではどんな豆乳が便秘に良いのか紹介します。

 

豆乳の種類

豆乳には「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3つの種類があります。同じ豆乳でもそれぞれ風味が異なり、調整豆乳や豆乳飲料は甘味やフレーバーがついているものなので飲みやすくなっています。

 

効果があるのは無調整豆乳

便秘に良いのは、無調整豆乳です。無調整豆乳はその名のとおり調整されていない豆乳のことで、水と大豆だけで作られています。余計なものを使用していないので大豆の味が強く、大豆オリゴ糖もたっぷり含まれています。

 

豆乳を使ったアレンジレシピ

無調整豆乳は大豆特有の風味が強いため、どうしても調整豆乳や豆乳飲料と比べて飲みにくく感じることがあります。そこでここでは、豆乳を使ったアレンジレシピを紹介します。

 

豆乳みそスープ

    材料

  • 無調整豆乳 200ml
  • じゃがいも 1個
  • キャベツ 2枚分
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ベーコン 小1枚
  • 味噌 大さじ1.5〜2

 

  • 水溶き片栗粉

 


    作り方

  1. じゃがいもやキャベツをカットします。
  2. 水溶き片栗粉は水大さじ2、片栗粉大さじ1で作っておきます。
  3. 鍋にじゃがいも、だし汁を加えて強火にかけます。
  4. 煮立ったら弱火にします。
  5. じゃがいもが柔らかくなったらキャベツ・玉ねぎ・ベーコンを加え蒸し煮にします。
  6. 味噌を溶き入れ、無調整豆乳を加えます。
  7. 煮立つ前に水溶き片栗粉を加えたら完成です。

まとめ

豆乳は女性に嬉しい成分がたっぷり含まれているので、便秘目的に限らず積極的に摂りたいところです。善玉菌が多い腸は非常に健康的ですので、無理なダイエットをしなくても気持ち良く痩せられるでしょう。便秘で悩んでいる人もダイエット中の人も、ぜひ豆乳を飲んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る