食べないダイエットが危険なわけ

食べないダイエットが危険なわけ

 

引き締まった体は女性にとって永遠のあこがれですよね。しかし、ただ細くなればいいって思って無理なダイエットや間違ったダイエットをしてしまうと、自分の健康を損ねてしまう事もありますので注意が必要です。ダイエットによって便秘が引き起こされることもあるのです。

 

ダイエットをしている人の中には、1日3食をきちんととらずに一回食事を抜いたり、食事量を減らしている人もいるようですが、そうすれば当然便の量も減ります。しかし、食べなければ便は出ないのです。そうして、便が出なくて便秘が続いていくうちに、腸内には悪玉菌がはびこり、有害な物質が発生して体じゅうに広がり、肌荒れや体調不良の原因になったりします。

 

元々女性は男性よりも皮下脂肪が多くて、内臓脂肪が少ないのですが、無茶なダイエットにより、更に内臓脂肪が減って腹部の臓器の位置を保持出来なくなったりします。その上、内臓を支えているお腹の筋肉や腹直筋が衰える事により胃の位置が下がって胃下垂になったりしますし、その下にある腸にまで影響してしまいます。結果的に腸下垂まで引き起こされてしまうのです。そうすると、腸内を便が通りにくくなってしまいます。

 

こうやって支えがきかなくなった腸はだらりとしてしまうので、便を肛門へ送り出すまでに時間がかかるようになったり、腸内で水分を吸収されつくしてしまい、ますます硬くなって排便しにくくなり便秘が酷くなってしまいます。そういう仕組みを考えると、痩せたいからということでむやみやたらに食べる量を減らせば良いというわけではないのです。