子供の便秘解消法

子供の便秘解消法

子供の便秘解消法

 

小児外来に便秘で受診する子供は意外と多いです。便秘ぐらいで・・・と思われがちかもしれませんが、便秘には腹痛や排便困難や食欲低下や嘔吐が伴うので子供にとっても辛いのです。いまどきのこどもの10人に1人は便秘だと言われています。便が出れば解消するからわざわざ病院へ連れて行くほどのことでは・・・と思われがちですが、しっかりとした治療や予防をすることが大事なのです。

 

便秘の多くは機能性便秘と言われるものです。病院の診断では、1週間で3回未満、5日以上でない場合は便秘と見なされますが、毎日便は出ていても排便の時に痛がる場合も便秘として治療します。排便困難によって、トイレを嫌がる、顔を真っ赤にしていきむ、いつもなんとなく不機嫌、おしりが切れて血が出るなどの症状が起こります。

 

子供の便秘の予防には食事療法が重要

子供の便秘を予防するには、食物繊維をしっかり摂らせましょう。野菜や海草、果物、芋やマメ類を意識的に食べさせるようにしましょう。
小学生ならば、学校で便をすることが恥ずかしい子もいます。学校でトイレに行けずに便秘が悪化してしまうことはよくあることです。朝ゆっくりトイレに入る時間を作るか、夜にトイレで便をする習慣をつけるようにしましょう。便秘を治すには十分な睡眠や食事改善、適度な運動が必要です。

 

赤ちゃんの便秘対策

 

生後は排便の力が十分ではないので、肛門を綿棒で刺激して手助けすることで自分で出せるようになってきます。寝た状態では出しにくいので、首がしっかりしてきたら支えながら座らせるときばりやすくなります。そのようにしても出ない場合は、医師と相談の上で、下剤や浣腸の使用を検討しましょう。

 

気持ち良い排便が出来るかどうかは健康のバロメーターです。便秘は時にはのたうち回るほどの強い痛みを引き起こし、救急車を呼ぶ人だっています。たかが便秘と思わずに、しっかりと便秘予防や治療を心がけましょうね♪

 


トップへ戻る