ウォシュレットによる便秘解消、やりすぎには要注意?!

ウォシュレットによる便秘解消、やりすぎには要注意?!

ウォシュレットによる便秘解消、やりすぎには要注意?!

便秘解消法のひとつにウォシュレットがあります。おもしろい方法ですが、意外にも効果があると言われています。頑固な便秘で悩んでいる方で自宅にウォシュレットがある方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

ここでは、ウォシュレットによる便秘解消法を紹介したいと思います。

 

ウォシュレットで肛門を刺激する

ウォシュレットで便秘を解消するには、肛門に当て刺激させると良いと言われています。なかには直腸を刺激させると効果的という意見もありますが、「良くない」とも言われていますので、あくまで軽く肛門を刺激するだけにしてください。

 

なぜ肛門にウォシュレットを当てると便秘が解消されるのかというと、「排便反射」が関係しています。その反射によって、排便がスムーズに行えるようになります。

 

ウォシュレットを使うときの注意点

ただし、ウォシュレットばかりに頼って便秘を解消するのは注意が必要です。なぜなら、ウォシュレットの刺激は一時的なもので、慣れると効果を失ってしまうからです。あくまで一時的な効果なので、頻繁に便秘になる方の使用はおすすめしません。

 

正しい使い方は、

 

  • 水圧を弱める
  • 長時間使用しない

 

また使用後は強くこすらないようにしましょう。

 

ウォシュレット以外の便秘解消法

毎日ウォシュレットで便秘解消するは危険なので、他の方法も併用して行うと良いでしょう。おすすめは、ヤンキー座り・プチ断食・腹筋・乳製品です。

 

ヤンキー座り

この座り方をすることで腸が下がり、便を催しやすくなると言われています。ヤンキー座りでトイレに行きたくなる人はこの方法が効果的でしょう。

 

プチ断食

腸内を綺麗にし、便秘を解消する方法です。プチ断食なので無理しなくて良いですし、手軽にはじめられるのも良いでしょう。ダイエットや美容効果も期待できます。

 

腹筋

腹筋がない人は、腸の動きが弱いため便秘になりやすいと言われています。ですから、腹筋をすることで腸の動きが活発になり便秘も解消されるでしょう。

 

乳製品

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は排便効果が期待できます。ただし冷たいままだとお腹を壊してしまうので、必ずホットにして摂ってください。

 

まとめ

ウォシュレットによる便秘解消はとても簡単ですが、やりすぎると逆効果になることが分かりました。どうしても出ないときの最終手段として使用し、それ以外は他の方法で便秘を解消させてあげることをおすすめします。便秘解消法にはいろんな方法がありますから、自分に合った方法を見つけてみてください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る