便秘解消には朝のルーティンがカギになる?!

便秘解消には朝のルーティンがカギになる?!

便秘解消には朝のルーティンがカギになる?!

便秘解消には朝のルーティンがカギになる?!

 

便秘にならないルーティンがあるのは知っていますか?便秘にならないルーティンを知っていれば、便秘で悩むこともなくなるでしょう。ここではそんな便秘を解消するルーティンを紹介します。

 

朝起きたら水を飲む

ダラダラ昼まで寝るのではなく、規則正しい生活を心がけましょう。朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴び、1.5杯の水を飲みます。お腹が弱い方は白湯でも良いですが、食事をする前に水分を摂取することで交感神経が活発になり体が元気に活動できるようになります。朝ボーっとしてしまうという方は、ぜひ水分を摂取してみてください。腸の動きも働き排便しやすくなるでしょう。

 

酵素の多い食事を

朝のルーティンには食事が欠かせません。なるべく酵素の多い食事を心がけます。注意点は、食べすぎないこと。朝はしっかり食事をしたほうが良いですが、だからと言って高カロリーのものや消化に負担をかけるような食事はNGです。あくまでフルーツや野菜などの酵素の多い食事を摂取しましょう。

 

おすすめの朝食レシピ
バナナレーズントースト

    (材料)

  • レモン1/2個
  • 砂糖小さじ2
  • レーズン1/4カップ
  • 熱湯1/2カップ
  • 食パン4枚
  • バナナ2本
  • シナモンシュガー適量

 

    (作り方)

  1. レモンを絞り、砂糖小さじ1とレーズン、熱湯を合わせて混ぜ2〜3時間以上置きます。
  2. バナナを12等分の輪切りにし、食パンに砂糖小さじ1/2をふりかけていきます。
  3. トースターで食パンを焼いたら、水気を切ったレーズンを乗せます。
  4. シナモンシュガーをふりかけたら完成です。
トイレに行く習慣をつける

トイレに行く習慣をつけることで排便できるようになります。たとえ便が出なくても、約10分トイレに座ることで便が出るようになってきます。水と食事で活発になった腸は自ずと排便しやすくなるでしょう。

 

入浴で深部を温めよう

冷えた体は腸も冷たくなり便が硬くなってしまいます。美しい腸を目指すなら、毎日の入浴は欠かせません。お腹をしっかり温め、腸の動きを活発にしてあげましょう。温度は、38〜40度程度。15分程浸かることで深部まで温まり代謝までアップします。入浴のタイミングですが、就寝1時間前がおすすめです。体が温まりゆっくり眠れるようになります。

まとめ

便秘に悩んでいる方は、ぜひ朝のルーティンを改善してみてください。いつも朝食抜きという方は酵素の多い食事を、適度な運動や十分な睡眠も効果的でしょう。もちろん無理なダイエットもNGです。今回紹介したルーティンを参考に、ぜひチャレンジしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る