お灸を試してみてはいかがでしょうか?

お灸を試してみてはいかがでしょうか?

便秘をお灸で改善することはできるのでしょうか。お灸は東洋医学に基づく考え方により、ツボを刺激することで身体の様々な不調を改善していくものです。西洋医学の薬に比べると、効果は緩やかではありますが、副作用などの負担を身体にかけず、特に慢性の症状には徐々に効いて改善できるものです。

 

ですから慢性の便秘にも、もちろんお灸の効果はあります。便秘は自律神経に原因があることや、冷えによって起こることが知られています。自律神経と腸に直接働きかけるツボは「神門(しんもん)」と言い、手首にあります。手のひらを上に向けたとき、手首小指側の端が「神門」です。

 

この「神門」にお灸をすることにより、自律神経の働きを正常にすることができ、便秘の改善につながります。冷えによって起こっている便秘の場合、身体全体を温めてリラックスさせることも大切です。足の内くるぶしの上にある「三陰交(さんいんこう)」というツボと、おへその上にある「中?(ちゅうかん)」というツボにお灸をすることで身体の中から温めることができます。

 

便秘薬の中には、副作用のあるものもありますから、まずは東洋医学のお灸で自然に改善することを目指してみるのも良いかも知れませんね。