ヨガと猫のポーズ

ヨガと猫のポーズ

便秘を積極的に解消するなら、ヨガも効果的です。ヨガは様々なポーズをとることで、神経やツボに刺激を与え、血行を良くして身体を温めることができます。呼吸法も合わせて行いますのでリラックス効果もあるため、便秘の解消にはピッタリです。

 

ヨガのポーズはいきなり始めるよりも、まずは準備体操として、足の指もみ、足の裏もみ、ふくらはぎもみをしておくと早く身体が温まり、ポーズもとりやすくなります。便秘に効果的と言われている猫のポーズは、まず肩幅に手足を開いて四つん這いの状態になります。ゆっくりと息を吐きながら背中をまるめ、頭を下げてお腹を見るようにします。

 

そのまま2,3呼吸腹式呼吸をしてから今度は息を吐きながらゆっくり頭を上げ、天井を見るように上を向きながら背中を反らします。気持ちよいところまで反らしたら、腹式呼吸を2,3回行ってゆっくり元に戻ります。この猫のポーズは背骨を刺激することで自律神経の働きを正しくし、むくみや冷えの解消にもなるそうです。便秘にさらに効果があるという、猫のポーズの続きがあります。

 

猫のポーズを終えた四つん這いの姿勢から、左右の指を組んで床につけ、その上にあごをのせます。膝を揃えて持ち上げ、つま先立ちの状態にします。そのまま、おしりを右側にゆっくり倒します。バランスを取るのが難しく、筋力も必要なので、無理のないところまで倒したら、腹式呼吸を2,3回して元に戻ります。

 

自宅でもできるので、日課にして便秘解消を目指しましょう。