便秘と貧血の関係

便秘と貧血の関係

便秘と貧血は、関係あるのでしょうか。イメージではどちらも女性に多くみられる病気ですよね。私の会社の同僚にも、貧血や便秘で悩む女性はたくさんいます。人の身体はほとんどが水分ということはよく知られていますよね。その中でも血液は、体中を巡って様々な物質を運ぶ、大切な水分です。

 

ですから、身体の中の水分が不足すると、血液に優先的に水分が使われるため、便の中の水分量が減ってしまうと言います。便の水分が減ることで、便はカチカチになり、便秘になりやすくなってしまうのです。また、女性の中でもとくに、ダイエットをしている女性は、便秘気味だからと食物繊維を意識して、野菜ばかり食べる傾向にありますが、これも要注意だそうです。

 

便秘解消には食物繊維が多く含まれている野菜や海藻類を食べることが大切ですが、野菜中心の食生活では肉や魚にたくさん含まれている鉄分が不足してしまい、貧血になってしまうからです。このように、便秘と貧血、どちらかが原因でもう一方を引き起こすという関係があるのですが、東洋医学でいうと、どちらも身体の冷えが原因と言えるそうです。

 

便秘気味で貧血だと思う人は、まず食べるものや生活習慣に気をつけて、身体を冷やさない工夫をしていくことが、根本からの治療につながると言えそうですね。