生理前に便秘になる理由は?

生理前に便秘になる理由は?

普段は便秘しないのに、生理の前だけは便秘しやすくなるという女性は多いようです。これは、女性ホルモンの中でも、妊娠の準備をすすめる働きのある、プロゲステロン(黄体ホルモン)が関係していると言われています。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵後、生理がはじまるまでの間に分泌量が増えます。

 

すると女性の身体は妊娠の準備をするために、水分をよぶんにたくわえようとするため、便の水分がへって、排泄しにくい便になるというのです。また、プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠しやすい身体を準備するために、排便の際に起こる、大腸のぜん動運動が起きにくいようにしてしまう働きもあるので、よりいっそう排便がうながされず、便秘になってしまうのです。

 

私もふだんはそれほど便秘に悩むことはないのですが、生理の前は2,3日排便がなく、お腹が張ったような感じになることがあります。会社の制服がタイトスカートなので、おなかぽっこりは恥ずかしいので困ってしまいます。

 

私の場合は、プルーンを紅茶にひたしてやわらかくしたものに、ヨーグルトをかけて毎朝食べることで、便秘を解消しています。便秘解消に効く食べ物は、個人差が大きいと言いますから、自分に合った食べ物をみつけておくと気が楽になりますよ。