食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

食物繊維を摂取しているのに便秘が治らない?

 

食物繊維は便秘に効く!と聞いたことはありませんか?食物繊維を効果的に摂取するためには、あらかじめ知識を入れておく事が大事なのですよ。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

水溶性食物繊維は海藻類やリンゴ、バナナ、きのこ類などに含まれており、腸内で水分を抱え込み有害物質を吸着させることにより、便に適度な水分を含ませて体外へ排出してくれ、便秘解消へ導きます。
水溶性食物繊維は善玉菌の餌になるので、お腹の張りやガスの発生も防いでくれます。

 

不溶性食物繊維は、腸内で水分を含んで数十倍に膨らむ食物繊維で、豆類、イモ類、ブロッコリーなどの野菜類に含まれています。サツマイモやマメを少量食べただけでお腹がいっぱいになるのは、腸内で食物繊維が膨らんだからです。

 

この食物繊維が腸壁を刺激して蠕動運動をさせ便秘を解消します。

 

このように、食物繊維は腸の働きを活発にさせる役割があるので、便秘解消につながるはずなのに、どんなにたくさん食物繊維を取っても効果がない!と諦めている方もいるでしょう。

 

なぜ食物繊維を取っても便秘が解消されないか?というと、ただやみくもに食物繊維を摂取するだけではダメだということなのです。

 

特に不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収してしまいますので、腸内に水分が少ない場合、水分の少ない硬い便が出てしまうことになり、腸は動いても便がなかなか出てこなくなり逆効果になってしまいます。
ですので、食物繊維を摂取するときは水分も一緒に取る必要があるということですね。

 

そして、これらの食物繊維、便秘のタイプによって使い分けが必要です。

 

便の回数が少ない、お腹がごろごろ言わない、加齢による便秘の人は、不溶性食物繊維を多く取ると、便の体積が増え、腸が刺激されて腸が活発に動きやすくなります。

 

おなかはごろごろいっているのに便が出ない、いつもコロコロ便ばかり、便秘と下痢を交互に繰り返す、心理的な便秘の場合は水溶性食物繊維を多く摂るのが良いです。

 

食物繊維を取るときは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく取るのも必要ですが、自分の便秘の傾向を見て、どちらの食物繊維をメインに摂取するかを見極める事も便秘解消へ繋がります。

 

ダイエットしている人は脂質を控えがちです。脂質が不足すると便の滑りが悪くなり便秘がちになりますので、ダイエットはしていても適度に脂質を摂取するようにしましょうね。