食べ過ぎて便秘に?!体に良さそうなのに便秘になる食べ物

食べ過ぎて便秘に?!体に良さそうなのに便秘になる食べ物

食べ過ぎて便秘に?!体に良さそうなのに便秘になる食べ物

 

『便秘になっちゃった原因って、もしかしてアレかな?』

 

『なに食べたら便秘になるのか知りたいな』

 

こんな疑問を解決します。

 

もしかして、暴食していませんか?
食生活がかたよっていませんか?

 

大事なのは、適度に食べる事。
便秘になる食べ物といっても、食べた瞬間から便秘になるわけじゃありません 。
大量に食べたり、そればかり食べるから便秘になります。

 

この記事は以下の人が対象です。

  • 今、便秘の人
  • 便秘になりたくない人
  • 暴飲暴食して、便秘になってしまうか不安な人

 

便秘になりやすい食べ物がわかれば、暴食やそればかり食べることをやめることが出来るので、便秘が治りやすくなります。
便秘を繰りかえさないための予防にもなりますし、つらい便秘の時間をすごさなくてすみますよ。

 

なぜ、食べ物が原因で便秘になるの?

食べ物で便秘になるとき、以下の2つが便秘の原因になります。

 

  • 腸のぜんどう運動ができなくなる
  • 便が硬くなる

 

腸のぜんどう運動とは、腸が便を身体の外に向かって移動させる動きです。
ぜんどう運動ができないと、便は移動できないので、便秘の原因になります。

 

便が硬くなると、便は動きづらくなります。
便が移動できないので便秘の原因になるのは、ぜんどう運動と同じです。

 

そもそも便秘とは、腸内のどこかに便が長時間とどまっている状態。

 

大部分の理由は、便意がないからです。
便意は、便を出したいという脳からの命令です。

 

脳から命令(便意)が出る合図は、直腸の壁が便により、押し広げられたときです。
つまり、便が直腸まで届かなかったり、少ない量では直腸の壁が押し広げられません。

 

結果、便が腸内に長時間とどまり、便秘。

 

腸のぜんどう運動ができないのと、便が硬くなるのは、脳からの命令(便意)がなくなる原因です。
脳からの命令(便意)がなければ、排便につながらないので、便秘になります。

 

具体的にはどんなもの?よく食べるものを紹介します

厳密には、食べた瞬間から便秘になる食べ物はありません。
しかし、大量に食べたり、そればかり食べたら話は別です。

 

大量に食べたり、そればかり食べたりしたとき、便秘になる食べ物を、この項目で紹介します。

 

便秘の人は、この項目で紹介した食事ばかり食べていないか、確認してみましょう。

 

肉を食べると、腸のぜんどう運動能力が低下します。

 

肉はタンパク質の塊です。
タンパク質は、身体には必要ですが、悪玉菌のエサにもなります。
悪玉菌の役割は、腸のぜんどう運動を邪魔することです。

 

 

悪玉菌のエサである肉ばかり食べると、悪玉菌が増えて、腸のぜんどう運動を邪魔するので、便秘につながります。

 

タンニンをふくむもの

タンニンがふくまれているのは、ワインやお茶、ガラナです。

 

タンニンは、腸のぜんどう運動を低下させます。
タンニンの収斂作用(しゅうれんさよう)が原因です。

 

収斂作用(しゅうれんさよう)とは、タンパク質とタンパク質をくっつけて固める作業。
コスメ業界では、肌を引きしめたり、毛穴をとじて発汗させない化粧品に利用されています。

 

腸の中でおこったらどうでしょう。
腸が動きづらくなるとおもいませんか?

 

タンニンの収斂作用(しゅうれんさよう)は、ワインやお茶、ガラナを過剰に飲む事によっておこってしまうので、適量が大切ですよ。

 

アルコール

アルコールはビールやウイスキー、酎ハイ、サワーです。

 

アルコールをとると、悪玉菌がふえるので、ぜんどう運動が邪魔されて便秘になります。

 

アルコールでなぜ悪玉菌が増えるのでしょう?

 

悪玉菌のエサではなく、アルコールを飲むと悪玉菌以外が生きのこれないようです。

 

以下の研究を参考にしました。

 

参考:長年にわたって大酒飲みの人の腸内フローラはどうなっているのか?
東北大学大学院工学研究科

 

 

ワインは先に紹介したタンニンにもかかわってくるので、飲みすぎないようにしましょう。

 

カフェインをふくむもの

お茶とココア、チョコレート、コーヒーがカフェインを多く含んでいます。
カフェインのもつ利尿作用によって、水分がなくなり、便が硬くなります。

 

利尿作用とは、身体の水分が外にでていってしまう現象です。
おしっこの形で、外にでていってしまうことですね。

 

コーヒーは便秘に効くときもあります。
身体に水分があるときは便秘対策としてコーヒーは効果的です。
ちゃんと水を飲んでいるか確認しましょう。

 

アイス、きゅうり、なす

アイス、きゅうりとなすは、身体を冷やしてくれます。
しかし食べすぎると身体が冷えて、腸の働きが悪くなり、腸のぜんどう運動が低下します。

 

身体が冷えると、血管が縮み、血流が悪くなる。
腸の血流も悪くなって、腸の働きが低下。
結果、腸のぜんどう運動が低下します。

 

量を適度にすれば身体は冷えないので、食べすぎには注意しましょう。

 

まとめ

便秘になりやすい食べ物、食べていませんでしたか?

 

おいしいものばかりでしたよね?
できれば、我慢したくないですよね?

 

ご安心ください。
紹介した食べ物は便秘になりやすいだけで、食べて必ず便秘になるわけでありません。

 

紹介した食事の中には、便秘になりやすいだけで、身体によい栄養素がたくさんふくまれている食事もあります。

 

ただ、量やバランスに気をつけましょう。

 

そうすれば便秘の解消が早くなるだけでなく、便秘の予防にもつながります。
つらい便秘生活とは、おさらばしたいですよね。

 

このページで紹介した食事ばかりになっていないか、今日をきっかけに見直してみましょうね♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る