下剤よりも乳酸菌や発酵食品を摂ろう

下剤よりも乳酸菌や発酵食品を摂ろう

 

便秘になると苦しいので、毎回下剤で強制的に出してますという人もいると思いますが、それを続けていると腸はどんどん働かなくなってしまいます。下剤を絶対に飲んではいけないという事ではないのですが、体の事を考えると出来るだけ食べ物で改善していく方が良いですよね。

 

まず腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やす事です。そのためには、乳酸菌や発酵食品を積極的に摂取しましょう。

 

乳酸菌はこれでなければいけないというものでもありませんし、体との相性もありますのでいろいろ試してみましょう。乳酸菌は腸まで生きて届くものをおすすめしますが、死んでしまった乳酸菌でも善玉菌のえさになりますので、腸内環境を整えることに役立ちます。

 

乳酸菌を摂取する時は、善玉菌の餌となるオリゴ糖や乳糖などの糖分を一緒に摂取することもおススメです。ヨーグルトにオリゴ糖が含まれるハチミツや果物を混ぜれば簡単に腸内環境を整える朝食の出来あがりです。これなら手軽に作って食べれますので忙しい朝でも大丈夫ですね。

 

ヨーグルトに限らず、漬物、味噌などの発酵食品も腸内環境を整えてくれますので、お味噌汁や納豆など朝食に積極的に取り入れるのも良いですね。

 

便秘解消にはオリーブオイルを多く取り入れるのもおすすめです。というのもオリーブオイルには小腸を刺激して排便を促すという働きがありますし、油分は潤滑剤として便をするっと出しやすくしてくれるので、便秘解消のためにはおすすめなのです。便がたまってるなと感じたらぜひ1日大さじ2のオリーブオイルも取り入れてみてくださいね♪