ヨーグルトで便秘を改善する方法

ヨーグルトで便秘を改善する方法

便秘に悩んでいる人は、ヨーグルトを食べることで改善される可能性があります。ヨーグルトは腸内環境を整えてくれるビフィズス菌を豊富に含んでいるためです。では、どのようにしてヨーグルトを食べれば、便秘改善になるのでしょうか。まず、自分の身体にあったヨーグルトを探すことが大切です。人間の腸内菌は3種類あるので、自分の身体にあったものがあるはずなのです。

 

そのため、10日から2週間ほど食べてみて全く効果がない場合は、違うものに変えてみた方が良いでしょう。自分の身体にあったものを見つけることが出来たなら、それを食べ続けます。基本的には、プレーンのものがよいです。プレーンのものを買って、色々と自分なりの味付けをして食べると食べやすいのです。味付けは、オリゴ糖やきなこ、バナナなどがおすすめです。とくに、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、便秘改善にはとても役にたつのです。一緒に食べることで良い効果を生み出すことが出来ます。

 

オリゴ糖は色々なものが市販されています。甘みも違いますので、色々と試してみるようにしましょう。また、便秘改善のための食べ方にもポイントがあります。必ず、食後に食べるようにしましょう。食前に食べてしまうと、乳酸菌が胃酸に壊されやすいのです。食後であれば、胃の中に他の食物が入っているので胃酸の濃度も薄くなっています。そのため、食後に食べた方が乳酸菌が働きやすくなり、便秘が改善されやすくなるのです。

 

また、昼食や夕食後に食べるよりも、朝食の後に食べる方法が最も効果があります。朝食をとった後に食べて、動いたり運動したりすることにより、胃腸の動きが活発になり、便秘が改善されやすくなるのです。もちろん、毎食後とっても構いませんが、最もよいのは朝食後と夕食後に食べることです。夕食後にも食べることで、より便秘は改善されやすくなります。このように、ポイントをおさえれば、ヨーグルトで便秘を改善することが出来ます。