腸内環境を整える食品 梅干し

腸内環境を整える食品 梅干し

 

梅干しは酸っぱいので酸性の食べ物と思われがちですが、アルカリ性食品です。梅干しにはクエン酸が含まれているので疲労回復に効くと言われています。疲労は体内に乳酸がたまることからおこるのですが、クエン酸は乳酸を二酸化炭素します。そして乳酸によって酸性化した血液をもとに戻してくれる役割もあります。

 

牛肉などの強い酸性食品を食べた後の中和にも役立ちます。例えば、牛肉100グラムを食べた場合は5グラムの梅干しで中和することが出来ます。血液が酸性化してしまうのと、血液の色が黒ずみ、脳や内臓などに様々な障害を引き起こしますので、梅干しに含まれるクエン酸それを中和して予防してくれるのですね。

 

それに、梅干しには緑茶と同じくフラボノイドという抗酸化物質が含まれていますので、抗ガン、抗菌にもしっかり効果を発揮してくれます。糖尿病や動脈硬化の予防などにも役立つという研究結果が分かっているそうです。疲労回復からガン予防まで幅広く梅干しは対応してくれますので、ぜひ日々の食生活の中に取り入れましょう。

 

最近では、梅干しの飴やお菓子などいろいろなものがお店に並んでいますが、甘味料などで味付けしたものや人口のだしで味付けしたものはなるべく避けるようにしましょう。梅干しを乾燥させて粉末にした梅の粉などを持ち歩くのも良いですね。体調のすぐれない時などに、救急薬として利用する事も出来ます。高価ではないものなので入手して一度試してみるのもおすすめですよ。