腸内環境を整える食品 醤油

腸内環境を整える食品 醤油

 

塩分が多いイメージがある醤油ですが、実は身体を元気にしてくれる事をご存じですか?研究が進むにつれて醤油には栄養成分がたくさん含まれていることがわかってきました。醤油に含まれている栄養成分で注目したいのはビタミンB2です。細胞の生まれ変わりやエネルギー代謝に必要なもので基礎代謝能力を上げてくれますし、抗アレルギー効果と免疫力アップに効果があると言われています。

 

栄養成分以外にも、しょうゆの香り成分に含まれるフラノンには抗酸化作用、色素成分に含まれるメラノイジンには血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。醤油の選び方で注意してほしいのは、「本醸造」を選ぶ事です。

 

しょうゆの種類にはこいくちしょうゆやうすくちしょうゆなどがありますが、製法にも注目してください。「本醸造」で作られたものが伝統的な製法になります。他の製法に、アミノ酸液を使ってうまみを強くした「混合醸造」やそれらを混合して製造期間を短縮して作られた「混合方式」がありますが、選ぶべきはやはり「本醸造」のものです。

 

原材料は「大豆」と表記されているものにしましょう。最近では発酵期間の短縮やコスト削減などのために大豆から油を抽出した後のフレーク状になった「脱脂加工大豆」を使用して作られている醤油も増えています。アルコールや保存料、甘味料などの添加物が使用されているかどうかなども注意しましょう。

 

醤油は、お米や卵やホウレンソウなどについで鉄分摂取の貢献度が高い食品だと言われています。毎日のお料理にはしょうゆなどの調味料は欠かせないものです。上手に摂取して効率的に鉄分補給すると良いですね。お料理に入れる以外にも、アイスクリームにかけたり、番茶の中に少量の醤油を入れていただくのもおすすめですよ。