快便には青くて若いバナナを

快便には青くて若いバナナを

 

バナナは昔からさまざまな健康効果で話題になっていますが、その熟した度合いによって健康効果に違いがあることをご存じですか?バナナは便秘に良いと言われていますが、バナナはバナナでも青バナナ若いバナナが腸に有効な成分が豊富に含まれています。青い若いバナナに多く含まれているのは難消化性でんぷんで、これは小腸で消化吸収されずに大腸まで達しますので、乳酸菌などの善玉菌の餌になって善玉菌を増やして腸内を善玉菌でいっぱいにしてくれます。

 

この若い青いバナナには難消化性でんぷんが豊富に含まれていますが、熟していくうちに果糖やブドウ糖に分解されていくので、腸のためにバナナを食べようと思うのなら若いバナナがおすすめです。善玉菌の好物であるオリゴ糖やヨーグルトと一緒に食べればさらに効果が高いのです。

 

バナナ自体、食物繊維が豊富ですので便の良い材料となってかさを増やしてくれますし腸の蠕動運動を促してくれます。カリウムの補給源としてもバナナは適しています。カリウムが不足していると腸の働きが弱くなるのでそのせいで便秘になっている人にもぴったりなのです。カリウムには血圧を下げたり、血液サラサラ効果もありますので効果絶大ですね。

 

バナナが熟していくとだんだん黒くなっていきますが、そうなればだんだん免疫強化作用が高まります。バナナは熟し具合によって働きが変わるのですね。免疫力を上げたい人も、便秘を治したい人もみんなに良い作用をしてくれるバナナはもう食生活に欠かせない必需品ですね!