便秘解消に効果的な果物(リンゴ・バナナ)

便秘解消に効果的な果物(リンゴ・バナナ)

 

便秘解消にはヨーグルトが好まれますが、ヨーグルトと一緒に食べてもらいたいのが、果物です。果物の中には便秘解消にとても効果的なものがありますので紹介していきましょう。

 

りんご

 

リンゴの快調成分は水溶性食物繊維のペクチンです。これは、柑橘類の皮にも含まれている食物繊維ですが、果物に含まれている有機酸や糖と反応してゼリー状に固まる性質があります。リンゴペクチンは乳酸菌などの善玉菌を増やしますし、大腸菌などの有害な菌を抑え、腸内環境を整えてくれます。更に余分なコレステロールを吸着して体外に出してくれる働きがあります。

 

ペクチンは果肉より果皮に多く含まれているので、便秘解消のためにはなるべく皮つきのままかぶりついたほうが良いのですが、胃腸が弱っているときは皮をむいてすりおろした方が胃腸への負担が減ります。ペクチンは加熱するとさらに吸収がよくなる作用があるので、すりおろしたリンゴに砂糖を少し加えて混ぜながら温めたリンゴおもゆや、焼きりんごにして食べると効果的です。

 

バナナ

 

バナナには食物繊維がとても豊富です。水溶性不溶性どちらの食物繊維も含まれています。が、不溶性の方が多いので便のかさを増やして腸の蠕動運動を促します。若くて青いバナナの方が難消化性でんぷんが豊富に含まれているので、小腸で消化されずに大腸菌まで達して、善玉菌の餌になり腸内環境を改善する効果が高いです。