便秘解消にアロエが効果的なわけ

便秘解消にアロエが効果的なわけ

 

便秘といえば、食べたいのがヨーグルトですが、そのヨーグルトにぜひ入れてもらいたいものがあります。それは昔から薬効で知られるアロエです。実はアロエには腸に効くといわっるアセマンナンと言われる成分が含まれており、これは消化されずに腸までたどり着きます。

 

そして、腸の水分を吸収して膨らむことにょり、排便を促してくれます。腸内の善玉菌の餌にもなりますので、腸内環境を整えてくれるのですね。ですので、乳酸菌であるヨーグルトとアロエは腸にとってとても相性のよいベストな組み合わせなのです。

 

こんな腸によいアロエは少量でも良いので毎日続けて食べるようにしたいですよね!アロエを日々の食事に取り入れる工夫をお教えしますね。アロエはスーパーなどでも販売しています。アロエ初心者の方はまず生で食べてみましょう。アロエにも種類がありますが、キダチアロエはトゲをとればそのまま食べられます。しかし、アロエベラは包丁で皮をむいて白い葉肉の部分を食べましょう。お刺身のようにワサビ醤油などで食べると美味しいですよ。

 

手間をかけずに簡単に食べれるようにしたいならば、あらかじめ蜂蜜漬けにしておくとすぐに食べられます。ハチミツに漬けたものは、ヨーグルトにもあいますし。蜂蜜漬けの作り方は、アロエを密閉容器にいれてかぶるくらいにハチミツを入れます。アロエにハチミツがしみ込めば出来あがりになります。

 

注意してほしいのが、アロエの皮の部分に含まれる苦み成分アロインです。これは便秘改善に医薬品として利用されるほどに緩下作用がありますのでたいてい販売されているアロエの食品は皮をのぞいた部分で作られています。家庭で皮の部分を使いたい場合は、少量ずつ調整しながら取り入れていきましょう。くれぐれも取り過ぎには注意しましょうね。