乳製品で善玉菌を増やそう

乳製品で善玉菌を増やそう

 

便秘解消といえば、すかさずヨーグルトを思い出しますが、実は牛乳やチーズも腸内環境を整えてくれる役割があるんですよ!牛乳に含まれる栄養素のなかでも腸の健康に役立つのはラクトースという糖質の乳糖です。これは腸内の善玉菌のエサになってくれますので、善玉菌を増やす役割があります。カルシウム摂取による骨粗鬆症の予防にもなりますので、効果を期待するならば毎日200mlの牛乳を飲む事をお勧めします。

 

しかし、人によっては牛乳が苦手という人がいます。牛乳を飲むと下痢をしてしまう人です。乳糖はじつは腸内のラクターゼという乳糖分解酵素によって分解されるのですが、このラクターゼをもっていない人がいるのです。ラクターゼは乳児の時はすべての人がもっていても、大人になるにつれ減っていく人がいるのです。ラクターゼを持っていない人は、牛乳を飲むと分解されないまま大腸に運ばれるので下痢をしやすくなってしまいます。ホットミルクにするなど、温めると下痢になりにくいといわれますので試してみてくださいね。

 

しかし下痢をしてまで牛乳を飲むのはちょっと・・・という方に朗報です!そのような方はぜひチーズを代用してみましょう。チーズは乳を発酵させているので、製造過程で乳糖が取り除かれているので下痢を引き起こす心配はありません。しかし、善玉菌を増やす乳糖は取り除かれてはいても、発酵食品なので、乳酸菌や生きた微生物が豊富に含まれています。なのでチーズも腸内に善玉菌を増やしてくれるのです。

 

牛乳を毎日のめば善玉菌のエサになり腸も身体も元気になります。しかし、牛乳が苦手ならチーズを食べると良いことを覚えておきましょう。