腸が冷えると便秘になりやすい

腸が冷えると便秘になりやすい

 

普段から何気なく食べている食品の中には身体を冷やすものと温めるものがあることをご存じですか?昔から東洋医学でも、身体と食には深い関係があり、陰と陽に分けられています。身体を冷やす食べものが陰で温める食べ物が陽です。どちらが良い悪いという問題ではなく、身体を冷やした時が良いときは陰の食品を、身体が冷えているときは温かい食品を取りましょうという事なのですね。

 

今は真冬でも冷たい飲食物を口にできる便利な時代ですが、これが冷え症体質を増やす原因でもあります。身体が冷えるとさまざまな症状に悩まされることになりますが、胃腸の不調もそのひとつです。蠕動運動や消化能力の低下による便秘、逆に下痢体質を作り出してしまいます。ですので、冷え体質の人は積極的に身体を温めるものや、温かいものを口にするようにしましょう。

 

では、陰と陽の食べ物の見分け方をご説明しますね!

 

温める作用のある食品

根菜類、ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニク、生姜、ナッツ、魚介類、卵、肉類、チーズ、梅干し、たくわん、明太子、味噌、しょうゆ、植物油、天然塩、トウガラシ、日本酒、焼酎の水割りなど

 

冷やす作用のある食品

なす、トマト、モヤシ、お菓子、牛乳、果物、葉物の野菜、豆乳、酢、マヨネーズ、カレー、豆腐、コーヒー、ビール、ウィスキー、白砂糖

 

野菜で言うと、地下で下に伸びる野菜が陽性の食品になります。陰性の野菜は地上にまっすぐのびる水分の多いものです。例えば、一年中出回るキュウリやレタスは身体を冷やす食べ物なので、食物繊維を取りたいからといっても、寒い時期に食べるのはさけ、なるべく根菜類を食べるようにしましょう。