腸を大事にするなら気をつけたい隠れアレルギー

腸を大事にするなら気をつけたい隠れアレルギー

 

アレルギーというと花粉症や卵、そばなどの食物アレルギーなどがあります。しかしそれ以外にも症状が軽い代わりにもう少し長く続くアレルギーがあるのをご存じですか?このアレルギーには自分では気がつかない事が多いです。誰でも何らかの食品にはアレルギーを持っています。

 

人それぞれ免疫反応が違うのでアレルギー症状はさまざまです

食べるとちょっと舌がピリッとして感じたり、食べたら疲れやすくなる、消化不良になりやすい、胸やけがするなど、アレルギーの反応は様々です。これは人それぞれに免疫反応が違うためでアレルギーといっても様々な症状が出るのです。そのため、自分がどのような食品にアレルギーを持っているのかが把握できていない事もよくあります。このような目に見えにくいアレルギーは腸の健康を保つためには非常に厄介です。

 

軽いアレルギーをほおっておくと知らず知らずに老化がすすんでしまう

気付かない程度のアレルギーの症状であっても、慢性的に続けば細胞の炎症を引き起こしますので老化を早めたり腸の調子を狂わせたりすることになってしまうので、なるべく避けるに越したことはありません。自分がどの食品にアレルギーをもっているのかを認識していくことが大切です。これを正確に判断するにはちゃんと医療機関で検査を受ける必要がありますが、自分でも予測することは可能です。

 

身体の声に耳をすませよう

その方法としては、「この食品を食べたあとは、体がだるくなりがち」とか、「これを食べるといつも胸が気持ち悪くなる」などの身体の声に敏感になることです。そういうちょっとした不調を感じる食材をさけるようにするだけで、アレルギーの悪影響を遠ざけることが出来るようになります。不思議なのですが、自分が好きな食材ほどアレルギーを引き起こすもとになっている場合もありますので、もし心当たりがあったならばなるべく避けるようにしましょう。自分の体調を注意深く観察して、見えない、気がつかないアレルギーから腸を守りましょう♪