漬けものとごはんの組み合わせは便秘に効く

漬けものとごはんの組み合わせは便秘に効く

 

腸内環境をよくする方法をお教えします♪

ひとつの方法は「プロバイオティクス」です。プロバイオティクスとは外から菌を取り入れる方法です。善玉菌はヨーグルトなどの乳酸菌や、味噌や漬けもの、キムチなどの発酵食品を食べる事で増えます。便の3分の1は腸内細菌です。その数はとても多く、1gの便の中に約100〜1000億個もの腸内細菌が含まれています。しかし、菌は取り入れてもそのまま腸内細菌になるわけではありません。腸内環境を刺激して出て行くだけです。しかしこの刺激が大切で、これによって腸内環境がよくなります。

 

とりいれた善玉菌は入れ替わりが激しく毎日便として出て行く

とりいれた菌は、体にずっとい続けるわけではなく毎日便として出て行きます。入れ替わりが激しいので、発酵食品は毎日食べて常に腸に善玉菌を届ける必要があります。ここでおすすめなのが、発酵食品です。発酵食品は善玉菌を本当によく含んでいる食べ物です。人間の腸内環境は三日ですべて入れ替わると言われていますので、味噌や漬けものや鰹節などを毎日少しずつでも良いので食べることを習慣づけましょう。

 

味噌汁は沸騰してしまっても善玉菌は増える

ちなみに、味噌汁は沸騰させると善玉菌が死んでしまうのでは?と思われがちですが、最新の研究では重要なのは菌が生きているか死んでいるかではなく、菌自体がもつ細胞やDNAの成分であることが判明しました。死んだ善玉菌でも腸内で善玉菌を増やしてくれるので、味噌汁を沸かしてしまっても効果はありますので安心してください。

 

善玉菌を効率よく繁殖させるにはエサである食物繊維や糖質を一緒に入れること

善玉菌を出来る限り腸内で繁殖させるには、菌と同時にエサも一緒に入れるという方法です。菌のエサとなる食物繊維と糖質を入れるのです。その食物繊維と糖質がくっついた食べ物の代表というのが、炭水化物であるお米です。腸内細胞にとっては、炭水化物がエサになるので善玉菌が繁殖しやすくなります。オリゴ糖とヨーグルトを一緒に食べるのも菌が繁殖しやすくなります。

 

よく炭水化物抜きダイエットをしたらお肌が荒れる人がいますが、善玉菌にとってのエサがないわけですからそれは当然のことなのです。冷えたご飯は難消化でんぷんがとても増えます。でんぷんが増えると食物繊維と糖質の両方が増えるので便秘には最高です。冷えたご飯はお茶漬けなどにして食べるのもおすすめですよ♪