なぜりんごを食べるだけでスッキリ便秘解消できるの?

なぜりんごを食べるだけでスッキリ便秘解消できるの?

なぜりんごを食べるだけでスッキリ便秘解消できるの?

 

『便秘解消したい』

 

『りんごで便秘解消できるってホント?』

 

こんな悩み、疑問を解決します。

 

りんごって身近な食べ物ですよね。

 

りんごを素材そのまま食べています?

 

りんご味の何かとかじゃないですか?

 

それだと、便秘対策にはならないかもしれません。

 

便秘対策になるのは、りんご味のなにかではなく、りんごを素材そのままで食べることです。

 

りんごを加工すればするほど、便秘対策になる部分がなくなってしまいますよ。
例えば、アップルパイでは便秘対策にはなりません。

 

この記事は、以下の人を対象にしています。

  • 便秘で悩んでいる人
  • りんごで便秘解消できるか知りたい人

 

この記事を読むと、簡単で効果のある便秘対策がりんごだとわかります。

 

便秘解消の後に待っているのは、便秘の不快感がなくなるのと美肌です。

 

すぐに、りんごを買いにいきたくなりますよ!

 

なぜ、リンゴは便秘対策になるの?

りんごにふくまれる食物繊維が、便秘対策につながります。

 

食物繊維が腸のぜんどう運動を活発にし、便の量を増やすからです。

 

腸のぜんどう運動とは、腸が便を身体の外に向かって移動させる動き。

 

ぜんどう運動がなければ、便は移動できないので、便秘の原因です。

 

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられ、りんごにはその両方がふくまれています。

 

水溶性食物繊維のペクチンと不溶性食物繊維のセルロースです。

 

水溶性食物繊維のペクチンが善玉菌を増やす

ペクチンは善玉菌のエサになります。

 

善玉菌の役割は、悪玉菌の増やさないことと、腸の動きの活性化です。

 

腸内には悪玉菌もいて、腸のぜんどう運動を邪魔します。
つまり、悪玉菌がすくなく善玉菌がおおい方が、腸のぜんどう運動がおきて、便秘が解消されやすいのです。

 

不溶性食物繊維のセルロースが便を増やす

不溶性食物繊維のセルロースは、便の量を増やします。

 

なぜ、便の量が増えると、便秘が解消されるのでしょうか?

 

便の量が増えると、脳からの命令(便意)がでやすくなるからです。

 

便が直腸まで移動し、直腸の壁を押し広げます。
それを脳が感じると、脳からの命令(便意)が出ます。

 

便の量が増えると、直腸の壁を押し広げやすくなります。
例えば、便の量が少なくて、直腸のサイズぴったりだったら、直腸は押し広げられませんよね。

 

セルロースで便の量を増やすと、便秘解消へつながります。

 

 

便秘解消につながるりんごの食べ方4選

 

  1. 素材そのままのりんごを食べる
  2. りんごヨーグルト
  3. すりおろしりんご
  4. りんごジュース

 

以上の4つが、便秘解消につながるりんごの食べ方です。

 

なぜ、便秘解消につながるのかを以下で説明します。
簡単なので、今日からでも実践したくなりますよ。

 

素材そのままのりんごを食べる

素材そのままとは、皮ごと食べます。
なぜなら、便秘解消に有効なペクチンは、皮と実のあいだに一番おおくふくまれているからです。
皮ごと食べにくいときは、輪切りするのがおすすめ。

 

りんごヨーグルト

りんごの食物繊維とヨーグルトの善玉菌のくみあわせだからです。

 

ヨーグルトは乳酸菌がふくまれています。
乳酸菌は、善玉菌の1つです。

 

りんごヨーグルトは、エサと菌を同時にとっていることになるので、善玉菌を増やしやすい食べ方になんですよ。

 

 

すりおろしりんご

すりおろしりんごにする理由は、すりおろすと食物がバラバラになって、胃腸の負担が少なくなるからです。

 

胃腸の負担が増えると、食べ物を消化しづらくなります。
消化されなかった食べ物は、悪玉菌の好物。
つまり、胃腸の負担が増えるのは、悪玉菌を増やすことです。

 

すりおろしてもりんごの成分は取れるので、胃腸の機能がまだ弱い赤ちゃんの離乳食にもつかわれています。

 

食べすぎで便秘になったとき、胃腸はつかれていますよね。

 

すりおろしりんごは、離乳食につかわれるほど、胃腸にやさしいです。
便秘対策にぴったりですね。

 

りんごジュース

りんごを細かくバラバラにしているので、消化の負担が少ない。
しかし、100% りんごジュースであることが便秘対策になります。

 

りんご100%ではないジュースの多くは、砂糖が入っていると思いませんか?
砂糖がはいってるりんごジュースは、悪玉菌のエサです。
砂糖は悪玉菌の大好物なんですね。

 

りんごジュースを飲むときは、砂糖のはいっていないものにしましょう。

 

まとめ

りんごは、便秘以外にも健康にとってメリットのある食材です。
1日1個のりんごは医者を遠ざける、って聞いたことありませんか?
りんごを生活に取りいれるのは、簡単ですよね。
この記事を読み、便秘対策の1つにりんごを加えてみませんか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る