蕎麦が便秘に良い理由と美味しい食べ方

蕎麦が便秘に良い理由と美味しい食べ方

蕎麦が便秘に良い理由と美味しい食べ方

蕎麦が便秘に良いと言われているのは知っていますか?もともと蕎麦には健康に良い栄養素がたっぷり含まれています。そのため“健康食”と言っても過言ではありませんが、なぜ便秘に良いかは知らない方が多いのではないでしょうか。そこでここでは、蕎麦が便秘に良い理由と食べ方を紹介したいと思います。

 

なぜ蕎麦が便秘解消に良いのか

蕎麦には、便秘に良いと言われている「食物繊維」がたっぷり含まれています。また蕎麦の食物繊維は不溶性なので、一度食べるとお腹の中に溜まり続け水分を吸収する効果もあります。ダイエット中に蕎麦を食べると痩せると言われているのは、不溶性食物繊維によって満腹感を得やすいからなのです。さらに、不溶性食物繊維の満腹感は、腸の動きを活発にしてくれます。よって、蕎麦を食べると便秘が解消すると言われているんでしょう。

 

そば粉も便秘に良いの?

もちろん、そば粉にも便秘解消効果があります。そば粉は蕎麦にも含まれていますが、他にもガレットが有名です。ですので、蕎麦に限らずそば粉を使った料理も便秘解消に繋がるでしょう。「蕎麦ばかり食べるのは飽きる」という方は、そば粉を使た料理もおすすめです。

 

蕎麦を使った便秘解消レシピ

蕎麦は温めて食べても冷やして食べても美味しいですが、トッピングによって+αの効果を得られます。飽きずに食べられるというメリットもありますので、「蕎麦で便秘を改善したい」と考えている方は、次に紹介するレシピを、ぜひ参考にしてみてください。

 

+油揚げ

いわゆるきつねそばです。油揚げに含まれているビタミンEが血行を促進し代謝を高めてくれます。

 

+大根

ストレスによる便秘で悩んでいる方は、おろしそばもおすすめです。大根おろしに含まれている栄養素が、ストレスを解消する働きがあります。

 

豆腐を使った蕎麦

    (材料)

  • 蕎麦 1人分
  • 絹ごし豆腐 100g
  • しょう油 小さじ2
  • ねぎ・青じそ・みょうが・海苔 適量

    (作り方)

  1. 豆腐はフォークで潰し、茹でて水気を切った蕎麦の上に乗せます。
  2. そのうえからしょう油を回しかけ、薬味を添えたら完成です。しょう油の代わりにめんつゆをかけてもOKです。

 

夏野菜と蕎麦

    (材料)

  • 蕎麦 200g
  • 豚ひき肉 50g
  • トマト 1個
  • ナス 2本
  • ししとう 8本
  • 長ネギ 1/2本
  • 大葉 3枚
  • 味噌 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 濃縮めんつゆ 50ml

    (作り方)

  1. 長ネギは小口切りに、大葉は千切りにします。野菜はひと口大に切り、ひき肉を炒めて油が出たらナス・ししとう・長ネギを加えて炒めます。酒・味噌・めんつゆを加えたら、最後にトマトを入れひと混ぜしたら完成です。

 

まとめ

低カロリーで体に良い蕎麦は、便秘にも良いことが分かりました。シンプルなのでサクッと食べられますし、アレンジも効くので、飽きずに食べられるのも良いでしょう。また夏は冷たく、冬は温かくして食べられ、年中美味しいのも魅力的です。便秘で悩んでいる方は、ぜひ蕎麦を食べてみてください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る