腸内環境を整えよう

腸内環境を整えよう

便秘を解消するための食べ物は、食物繊維を多く含むものと、腸内環境を整えるもの、腸管への刺激を促すものがあります。食物繊維を含む食べ物には、ゴボウなどの根菜類、キノコ類、こんにゃく、サツマイモなどの芋類、麦などがあげられます。最近では、日本人の主食である白米を炊いたごはんにも便秘予防に効果があるとわかってきました。

 

腸内環境を整えるのは、オリゴ糖を含む牛乳、乳酸菌を含むヨーグルトやキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品、納豆などがあります。腸管への刺激を促すものとしてにんにくやコーヒーなどがあります。日本人の大腸は欧米人のものより長く、肉食よりは食物繊維の多い野菜中心の食事に向いています。

 

便秘を解消しようと、生野菜のサラダなどを食べる人も多いようですが、生野菜は身体を冷やすこと、大量に見えても食物繊維の量はさほどでもないことなどから、生野菜サラダよりは根菜類の煮物など、日本人が昔から食べていたものが便秘解消に役立つようです。

 

白米を炊いたごはんには、納豆や魚、味噌などの発酵食品、野菜の煮物など身体に良いものが良く合います。糖質制限のダイエットが流行していますが、そのことが便秘につながっていることもあるのです。本当に身体に良いものを食べているか、もう一度見直す必要があるでしょう。