漢方で便秘を改善してみよう

漢方で便秘を改善してみよう

便秘を改善する漢方薬についてお話ししましょう。ひとくちに「便秘薬」と言っても、食物繊維のサプリから腸を刺激して下痢を起こす薬まで、その強さは様々です。西洋医学での薬は即効性がある反面、胃や腸が痛くなる副作用がありますし、身体の方も慣れてしまうことで服用する量が増えてしまう恐れがあります。

 

漢方は西洋医学の薬ほど即効性はありませんが、身体に優しく徐々に効いてくるのが特徴です。便秘の場合、ごく普通の人に対しては「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」が用いられます。これは市販されている漢方の便秘薬に配合されています。

 

病気をしていたり高齢だったりで体力があまりない人には「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくだいおうとう)」を使います。便の様子が、硬くてコロコロした状態ならば、便に水分を与える効果のある、「潤腸湯(じゅんちょうとう)」「麻子仁丸(ましにんがん)」を服用します。

 

「大黄(だいおう)」「麻子仁(ましにん)」には下剤としての生薬が入っているので、比較的早く効果が表れます。この生薬によって下痢を起こしてしまう人に対しては、先ほどの「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくだいおうとう)」「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」を用いて便秘を解消していきます。

 

体質改善という意味でも、漢方薬の助けを得ることは一つの方法かもしれません。