便秘の原因を知って便秘解消しよう

便秘で悩んでいる人は意外と多いのです

便秘で悩んでいる人は意外と多いのです

つらい便秘に悩んでいる女性は多いものです。薬に頼らず、日常生活の改善で便秘を解消する方法はあるのでしょうか。便秘になる原因として、摂取した食べ物の食物繊維が不足していたり、過度のダイエットにより油分が不足していたりして便の量が充分にならず、腸の蠕動運動が正常に働かないということがあります。

 

こうした症状の場合、ごぼうやリンゴ、ひじき、納豆、こんにゃく、きのこ等、試してみて自分に効果のある食材を多めに摂取するようにすること、エゴマ油やオリーブオイルなどの上質な油を少々多めに摂取することなどで改善されます。

 

腸内環境を整えるために、オリゴ糖やヨーグルトを摂取することで改善されることもありますが、すぐに効果がある人は少ないため、日頃の食生活にこれらを取り入れ、穏やかな効果を期待した方が良いでしょう。腸の蠕動運動とも関わるのですが、運動不足や腹筋の弱さが便秘の原因になっていることもあります。ウォーキングも腹筋を鍛えるには役立ちますし、人によっては縄跳びによって腸の蠕動運動が起きやすくなり排便につながるという人もいます。

 

食生活の改善や運動の効果には個人差があります。便秘に悩んだら、まず自分に何がぴったりなのか、様々なことを試してみるのが良いでしょう。

便秘の原因を知って便秘解消しよう記事一覧

便秘解消したいならおならが大事便秘で悩んでいる女性は多いはずです。たかが便秘と思われがちですが、されど便秘、実は便秘が病気のサインを出しているということもあるのです。便秘は大きな病気の初期症状のひとつである可能性があることをご存じでしたか?初期症状に便秘が発症する病気大腸ガン橋本病パーキンソン病「ありがちな身体の状態だ」などと流さずに便秘に悩んだら病院で診察を受けることも大事です。便秘の状態が続く...

食べないダイエットは便秘になりやすい女性は男性の3〜6倍は便秘を抱えていると言われています。女性は思春期以降から便秘になりやすいのに対して、男性は60歳以降から急増します。便秘は命の危機までは直結しませんが、生活の質を低下させますので治したいですよね。女性は女性ホルモン分泌により便秘になりやすい女性が男性に比べると便秘が多いわけは女性ホルモンが関係しています。思春期になると卵巣から女性ホルモンが分...

便秘や痔を悪化させる原因を知り自分で治そう便秘でなかなか便が出ない日々が続き、やっと便意がもよおしてきた〜!とトイレに座って力むと肛門が切れて痛い!!お尻をふくと血がついていて、歩いても座ってもお尻が痛くて辛い!!そんな辛い痔、誰にも相談できずにひそかに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?場所が場所だけに恥ずかしくてなかなか病院に行けませんよね?病院行ったら行ったで、「これは手術ですね!」と言...

吐き気を伴う便秘は危険です吐き気を伴う便秘は危険です。もしもそのような症状が見られるのであれば、少しでも早く改善したほうが賢明です。便秘の状態は、既に健康な状態ではありません。たかが便秘と甘くみずに、本気で改善のための対策に取り組むとよいです。吐き気を伴う便秘になっているときには、食べたものが行き先をなくしている可能性が高いです。それだけその先が滞っているという状態が考えられます。腸内で便が滞った...

水分不足が便秘の原因かもしれません身体の水分が不足すると、便秘になりやすくなります。しかし、便秘の人が単純に水分をたくさん補給したところで、便秘が改善するわけではないようです。小腸で栄養を吸収された状態のものは、ドロドロの液状です。これが大腸に送られ、大腸で水分を吸収されて便になります。便はその量で直腸を圧迫し、重さも直腸を刺激するために腸は便意を伝え、蠕動運動をします。便に残っている食物繊維は、...

子供の便秘にご注意便秘はよくある症状で悩んでいるのはたいてい大人の女性だと思っていませんか?しかし、子供にも便秘になる子がいます。便秘で苦しむ子供はうんちをする時に大人と同じようにとても痛い思いをしたり、苦しんでいる子が多いんです。それを思うと決してほおっておいて良いとは思えませんよね?便秘は単に「便がたまっている状態、便が出にくい状態」ということはわかると思いますが、排便の習慣はひとそれぞれです...

隠れ便秘に注意!1便秘とは何日も出なかったり、お腹が張って苦しいような状態を表すと思われますが、毎日お通じがあっても便秘になっている人がいるそうです。この状態を隠れ便秘といいます。お通じがあるから大丈夫だと、隠れ便秘を放置しておくとどんどん酷くなってしまうそうなのです!!では、隠れ便秘とはどのようなものなのでしょうか?便秘とは、3日以上便が無い状態や、毎日排便があっても残便感がある状態、排便が数日...

隠れ便秘に注意!2前の記事隠れ便秘に注意!1隠れ便秘は特に、ストレスを抱えている女性に多い休日の朝など、ゆっくり朝食をとったあと、自然な便意をもよおしてトイレに行くとすぐに排便があってスッキリするものですが、このようなスムーズな排便には時間や心の余裕が必要なのです。しかし、仕事や家事などで忙しい女性は、朝はバタバタして忙しい人が多いですからトイレの時間をゆっくりとれない人が多いものではないでしょう...

便秘の原因は様々です便秘の原因は様々です。まずここでは、便秘の種類から説明しましょう。便秘の定義は決まっていませんが、週2回程度の排便しかなく、残便感などの不快感、排便の際苦しいなど自覚症状があれば便秘と言えます。便秘には身体の器官としての腸に病気などがある「器質性便秘」と、排便を司る機能や自律神経に原因があるとされる「機能性便秘」に分けられます。器質性便秘は医療機関での診察で原因や治療法がわかり...

便秘の定義女性は気軽に「便秘」を口にしますが、病気としての「便秘」の定義はあるのでしょうか。調べてみたところ、「日本消化器病学会」では便の出なかった日数ではなく、問題となるのは排便が困難であったり、下腹部の膨満感があったりするなど、症状をともなう便通異常のことを「便秘症」と定義しています。ところが、「日本内科学会」では、3日以上排便がない状態、または排便があっても残便感がある状態を「便秘症」と定義...

暴飲暴食も便秘の原因のひとつ暴飲暴食によって、便秘になることはあるのでしょうか?便秘の原因には様々なものがありますが、暴飲暴食によって便秘になるというのには理由があります。暴飲暴食をすると、胃や腸が消化活動をします。適切な分量ではない食事もアルコールも、身体は頑張って吸収し、栄養を取りこもうとするので、胃腸がとても疲れた状態になります。すると排泄にあまりエネルギーを使えなくなってしまうというのです...

便秘解消に効く水とは便秘にありがちな腸内環境を悪化させる活性酸素は加工食品の添加物やたばこなどがその発生源ですが、普段から毎日口にするものとして水にも注目してもらいたいと思います。水道水は、衛生面を重視していますので殺菌効果の高い塩素が使われています。感染症や中毒を防ぐためには水道水には塩素の使用が欠かせないものです。しかし、塩素には活性酸素を発生させてしまうという重大なマイナス面があります。活性...

冷えは万病のもと冷えは万病の元と言うとおり、身体が冷えることにより良くない症状がでることは知られています。便秘もその中のひとつ。冷えを改善することで、便秘も解消したというのはよくある話です。便秘を解消しようとして、水分をこまめに摂るのは良いのですが、身体を冷やさないために温かいものを飲みましょう。いつもお茶などを飲んでいると胃に負担がかかりますから、温かいお湯(白湯)がオススメです。最近では、「腸...

便秘・冷え症・ダイエットの悪循環便秘しやすい人に冷え症が多いことは、良く知られていますよね。便秘の原因がダイエットにある場合、冷え症はより悪化しやすく、ひとつの原因が他の原因になるという悪循環を生み出してしまう恐れがあると言います。職場に新卒で入社してきたNさんは、同期入社の女性よりほんのすこしだけぽっちゃりタイプでした。決して太っているというわけではなかったにもかかわらず、新入社員歓迎会で上司の...

便意を感じなくなる原因とは?私の妹は便秘になりやすい体質なのですが、最近では便意じたいあまり感じなくなっているとうちあけてくれました。便意、つまり排便のためにトイレにいきたくなる感覚が鈍ってしまうのには原因があるとお医者様に言われたそうです。大腸の出口、直腸に強い刺激を与え続けると、便意を感じるセンサーが鈍ってしまうとのこと。強い刺激とは、浣腸や便秘薬などです。便秘薬はたしかに、翌朝おなかがくだる...

トイレで血が出た!!何の病気?トイレで排便をしたところ、出血をしていたとしたら、すぐに病院へ行くことをオススメします。排便時に痛みがなく、ある程度の量がある鮮やかな鮮血ならば、痔の中でもおしりの痛みを感じない部分にできるいぼ痔、内痔核からの出血が疑われます。排便時に痛みを伴い、トイレットペーパーに鮮血がつく程度の量ならば、いきんだときに肛門が切れる切れ痔の可能性が高いです。どちらも、便秘気味で便が...

バリウムが原因で便秘に健康診断などで胃の検査をするときには、必ずバリウムを飲みますよね。このバリウムというのは、食べ物がどんなふうに胃を流れていくかを確認するための、造影剤です。ですから、消化や吸収はされず、そのまま身体の外へ出されるべきものなのです。看護師をしている友人に聞いたのですが、ごくまれに、バリウムが固まってしまい便秘になって、病院を受診する人がいるといいます。バリウムを飲む検査の日には...

便秘とうつの密接な関係とは?うつ病の患者さんには便秘気味な人が多いということをご存じでしょうか。これは、うつ病の薬の副作用で便秘になってしまうということもあるのですが、それ以外にも、便秘気味な人がうつ症状になりやすいという逆の場合もあるのです。以前は、大腸は小腸で栄養を吸収された残りかすに水分を加えて便として身体の外に出す働きがあると考えられていました。ところが近年、大腸はそれだけの働きではなく、...

便秘とうつを解消しよう便秘が続くと心身ともにすっきりしないものですが、ひどい便秘はうつ病をひきおこす可能性があるのです。なぜ、便秘がうつ病をひきおこすのかというのには、やはり腸内環境の悪化による血流の悪さがあります。腸内環境が荒れて、悪玉菌が腸内で増加する血液も汚れ、腐敗物質や毒素がいっぱいになり全身の細胞に綺麗な血が運ばれなくなるので毒素まみれの状態になります。腸内環境が悪いと自律神経も乱れます...

便秘と胃痛の関係便秘と胃痛に関係はあるのでしょうか。便秘と胃の痛みが同時に感じられるとき、とくに激しい痛みを感じるときには、胃腸の疾患である可能性がありますから、すぐに医療機関を受診するべきです。きちんとした検査を受けた上で、がん、腫瘍、細菌感染などの疾患がなく、炎症も起こしていないということでしたら、「機能性消化管障害」と診断されることが多いでしょう。機能性消化管障害の「過敏性腸症候群」では、便...

便秘と血圧の関係便秘と血圧について説明しましょう。高血圧と便秘の関係は、高血圧の人が服用する降圧剤によって結びついています。降圧剤には利尿作用のあるものが多く、体内の水分を尿として排出してしまいます。すると、便に水分が足りなくなり、充分な量の便にならないため、腸の蠕動運動が起こらず、便秘になるのです。便に水分が足りない傾向の便秘になると、排便の際にいきむため腹圧がかかり、血圧を上げてしまいます。こ...

産後は便秘になりやすい産後のお母さんが便秘になりやすいのはなぜでしょうか。まず、便が作られる際に必要な水分が、授乳のための水分としてとられてしまうため、便が硬くなりやすいということがあります。私も経験がありますが、母乳をあげたあと、とにかく喉が渇くのです。こんなに水分補給をしたことがないくらいというほど、自分でも意識して水分を摂るのですが、すごく喉が渇いたのを覚えています。また、妊婦のほとんどが肛...

生理前はどうして便秘になりやすいのでしょう?普段は便秘に悩まされないという女性でも、生理前には便秘になるという人も少なくありません。排卵後から月経にかけて、女性の身体にはプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが大量に分泌されます。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、水分を保持するという性質があり、大腸からの水分吸収を促し、腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。すると、便の水分が奪われる上に...

便秘と痔痔には、いわゆる「いぼ痔」と呼ばれる「痔核」と「切れ痔」があります。どちらも、原因のひとつに便秘があります。痔というとよく人ごとのように笑う人がいますが、はっきり言って笑いごとではないです。私は出産中にひどい便秘になり痔に悩まされました。便が硬くなり、出しにくくなるとどうしてもいきんでしまうため、肛門付近にうっ血が起き、それが痔核になってイボ状に出っ張ってしまいます。また、硬い便を無理に出...

赤ちゃんの便秘赤ちゃんの便秘を心配するお母さんも多いものです。私もそうでした。特に初めての子供の場合1つ1つのことが分からないことばかりで、とにかく心配したのものです。特に、最初の赤ちゃんに対しては、いろいろなことが気になってしまうようで、丸一日排便がないだけで、いろいろと試してしまうお母さんが多いのです。赤ちゃんの便秘の定義は、排便の際に苦しがっていたり、肛門が切れてしまって出血したりなど、かな...

妊娠中の悩み妊娠中の悩みの中でも多くの人が経験するのが、便秘と痔ですね。まず、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、体内の水分を持って行ってしまう性質があり、便の水分も少なくなりがちで、しかも腸の蠕動運動を抑制する働きもあるのでさらに便秘になりやすくなってしまいます。その上、赤ちゃんが大きくなると子宮は腸を圧迫し、腸管が狭くなるところがでてきたり、排便を知らせる直腸の働きが鈍くなってしまい、便意に気付...

痙攣性便秘とその原因痙攣性便秘とは、大腸のぜん動運動が過剰に起こって下痢をするのと、大腸が痙攣したような状態で便秘になってしまうのとを繰り返す症状です。つまり、大腸のぜん動運動が必要以上に活発になってしまうのです。原因は、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなどによる自律神経の乱れにあるといわれています。大腸のぜん動運動は自律神経によって促されているため、自律神経が乱れると便秘になったり下痢をしたり...

高齢者の便秘の悩み高齢者になるほど、便秘になる人は増えていきます。身体全体が衰えていくので、腸などの働きも若い頃に比べ衰えていますし、筋力も落ちているため、いきむための腹筋も弱っています。それに加え、身体が必要とするエネルギー量(必要なカロリー)が少なくなるため食事の量が減ります。すると、便の量が少なくなり腸の蠕動運動が起こりにくくなってしまうのです。また、1回の食事に含まれる水分はけっこうあるも...

同じ原因で起こる便秘と生理不順便秘の女性は生理不順の人が多いというのは本当でしょうか。きちんとした調査はなされていないようですが、女性の悩みとしてこのふたつはとても多いことから、便秘で生理不順という女性はかなりの数になると予想できます。便秘も生理不順も、女性ホルモンにより影響されています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつのホルモンのうち、プロゲステロン(黄体...

黒い便の原因トイレで便の色や形を確認することは、健康上とても良いことです。黒い便が出たとき、それが普段と違って極端に真っ黒でベタベタした感じ(タール便と呼ばれています)の場合、消化管内で出血を起こしている可能性があります。胃や腸、十二指腸から出血したものが黒くタール状に固まっているのです。この場合は、すぐに医療機関を受診してください。便の色がいつもより黒っぽいな、というくらいの場合は、前日に食べた...

便秘で足がしびれる便秘になることと足のしびれに関係があるのでしょうか。ある20代の女性は、便秘が気になるとたいてい、足がむくんで太腿やふくらはぎにしびれを感じていたといいます。便秘が身体に良くないことはわかっていたので、漢方薬やサプリなども活用しながら便秘を解消したら、しびれることもなくなったというのです。足のしびれの原因は、神経に異常があるために起こります。「葉遺骨神経麻痺」「椎間板ヘルニア」「...

腸閉塞とは腸閉塞という病名を聞くと、腸捻転や腫瘍や癒着などで腸がふさがれる、難しい病気というイメージがあるかもしれません。しかし、糞便性イレウスと言われる腸閉塞は、元々の原因は便秘なのです。便は長く腸にとどまると、その間どんどん水分を腸管から吸収されてしまい、コロコロの便になります。そのままの状態では便の量も重さも足りないため、腸の蠕動運動が起きず、また次に作られる便が詰まっていくという悪循環に陥...

つらい肌荒れ便秘と肌荒れの関係性は、様々なところで取り上げられていますので、すでにご存じの方も多いと思います。便秘をする→大腸内に便が停滞→腐敗して有害物質を出す→腸壁から有害物質を吸収→血液に入って全身を巡る→自律神経の乱れにつながる→肌荒れまた、自律神経が正常に働かないことにより、さらに便秘をしてしまうという悪循環が続きやすくなってしまうのです。肌は常に新陳代謝を繰り返していて、一定周期で新し...

多くの人が悩んでいる軽いめまいめまいは女性に多く発症する症状で、立ち上がったときにふらっとする「立ちくらみ」など多くの女性が経験しているのではないでしょうか。原因は様々です。頻繁に起きるのであれば医療機関で精密検査を受けた方が良いでしょう。軽いめまいなどは、便秘が原因になっていることもあるようです。身体の消化器官に関わる症状の便秘と、神経や脳に関わるめまいが関係しているとは考えにくいため、医療機関...

夏の便秘の原因と対策梅雨が明けたら本格的に夏が始まります。この時期便秘が酷くなる人がいます。便秘と夏バテダブルで苦しまないためにも、早め早めに対処しておきましょう。夏場の便秘の原因の一つは水分不足です。汗をかけばかくほど体の水分が失われます。その分水分補給しなければなりません。水分補給しなければ便が硬くなってしまい、たまってしまって便秘になりますし、無理に出そうとすれば痔になってしまいます。夏の便...

下剤を飲み過ぎる危険性便秘の人で便秘薬がかかせないという人は多いと思いますが、飲み続けることでどんどんリスクが高まる事をご存じですか?下剤は使い方さえ間違えなければ、便秘に悩む人たちを助けてくれる良いものなのですが・・・下剤を長期的に使っていると、大腸が真っ黒になってしまう大腸メラノーシス(大腸黒皮症)になってしまうリスクが高まるのです。大腸メラノーシスとは刺激性の下剤に含まれているメラニン色素が...

理想的な便の色、形とは腸内環境抜群な便は、色が黄色〜茶色のバナナ状のほど良い柔らかさです。便の量は人それぞれですが、1日150〜200g程度だと言われています。便秘の方は特に便を出すために食事をきちんと摂る事が大事です。腸に食べたものが入ってくることによって、自然と蠕動運動が始まりますが、食べる量が少ないと腸が活動をしませんので、ダイエット中の方や朝食抜きの方は便秘になりやすいのです。外食ばかりで...

女性と便秘の関係一時的な便秘だったのに、忙しくてトイレにいかないで我慢していたら慢性の便秘になってしまった方、痩せなきゃ!と朝食を抜きはじめたら便秘がちになってしまったけど、ほおっておいたら便秘が酷くなって便秘薬がかかせなくなってしまったという方など、便秘の原因は様々です。世間には便秘で下剤に依存している人は相当いると言われています。それもその多くは女性だというのです。特に10代後半〜30代前半の...

腸内環境と脳脳と腸内環境は密接に関連しています。腸内環境が悪化すると、腸内の悪玉菌が増加し、毒素が生成されます。すると、脳内ホルモンの中のストレスホルモンである、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどが合成されるので、不安や恐怖、怒りや心配などの悪感情が引き起こされることになります。しかし、腸内環境が改善されて、腸内が善玉菌で満たされると、免疫物質が生成され、セロトニン、メラトニン、ベータ...

寝不足は便秘の大敵女性は便秘になりやすいです。その上、仕事のストレスや偏った食事、睡眠不足などが便秘を促してしまいます。便秘が進むと肌荒れやイライラが悪化したり、お腹にガスがたまって痛くなったりします。便秘になってお腹の中に硬くなった便がたまると、排便するのに苦労して、痔になることもあります。便秘は腸内に悪玉菌を増やしますので、大腸がんにもなりやすいです。大腸がんを予防するためにも、体内で質の良い...

快眠で便秘を解消しよう22時から深夜2時と、食事を済ませてから約3時間が副交感神経が活発化し、腸が最も働く時間と言われています。そして副交感神経が最も高まるのは深夜0時すぎてからです。この、副交感神経が働く時間帯に交感神経の刺激を抑えながら睡眠をとると、副交感神経と腸の活動が活発になります。そのためには、19時頃までに夕食を済ませて、21時頃に入浴して22時にはお布団に入る事が、消化吸収と排泄機能...

食事を制する者は快便なり人間が生きていくうえで、栄養素を取り入れるのは必要不可欠な行為です。でも、毎日仕事や家事が忙しいと、つい食べるものや栄養バランスが崩れてしまいますよね。便は食べたものが材料になりますので、食生活の見直しは便の質の向上になります。食べ物の中には便秘を解消してくれる食材が数多くありますが、これらは便秘の改善だけではなく、ガン予防や抗ガン作用があるものもあります。豊かな食生活や快...

快便に効く食べ物とは便秘解消に必要な食物繊維は水溶性と不溶性の二種類がありますが、ゴボウなどの不溶性食物繊維をとり過ぎるとお腹を壊してしまう事がありますが、水溶性食物繊維には下痢を予防する効果があります。不溶性と水溶性どちらの食物繊維も含まれる食材として、キノコがあります。キノコの中でもナメコやエノキタケには食物繊維がたっぷりと含まれており、便秘解消に大活躍です。さらにナメコやエノキタケを味噌汁に...

運動不足は便秘の大敵日々の生活や仕事に追われると、食事も睡眠もままならない状態になりがちです。その上、運動不足まで重なれば、ほとんど確実に便秘になります。運動不足が続くと身体が疲れを感じないので眠りが浅くなり、更に使われない筋肉が衰えていきますので、血のめぐりが悪くなり内臓に悪影響が及んでしまいます。逆に、運動をしすぎても便秘が改善されない事がありますので、簡単に出来て長続きすることができる効果抜...

簡単な運動で便秘解消腸を刺激する運動は、朝起きてすぐと夜のお風呂上りなどのタイミングに行うのが良いのですが、どちらかというと身体が温まっているお風呂上りに行うことの方が効果的です。夜は胃腸が食べ物を消化するために疲れがたまっていたりするので、腸もみなどを行う事で疲労回復効果が高くなり、翌朝のお腹の調子がよくなったりします。睡眠中は汗などで水分が失われがちですので、寝る前や起きた時などにはコップ一杯...

自分の便秘の種類を知ろう便秘のタイプにはおおまかにわけて4種類あります。まず、一つは若い女性に多い「ダイエット性の便秘」です。食事制限によって食物繊維の摂取が少なくなることでもおこりがちな症状です。運動不足や加齢による筋力低下で便を押し出せなくなって、排泄してもスッキリしない「弛緩性便秘」があります。また、便秘を感じても「外出先だと落ち着いて出せないから」と排泄を我慢して、直腸の働きが鈍ってしまう...

便秘にならない生活習慣便秘は様々な要因が重なり合っておこる症状です。日常生活の些細なことの繰り返しや積み重ね、生活習慣の乱れから慢性的な便秘を引き起こしてしまったりします。何かと忙しい毎日を送っている現代社会に生きる女性たちは、すべての問題を解決するのは無理かもしれませんが、便秘は健康や美容の大敵ですので、出来る事から少しずつ改善していきましょう。糖質オフダイエットがちまたでは流行っています。これ...

便秘解消の為に姿勢を正して、朝型の生活に改善しよう便秘の人には猫背の人がとても多いです。しかし、猫背を続けていると肺が圧迫されて呼吸が浅くなりますので、酸素不足によりイライラしたり、脂肪を燃やす燃料が不足してしまうことで、身体の代謝が悪くなってしまい太りやすくなってしまいます。更に猫背により胃や腸などの内臓が本来の位置より下がってしまう事により下腹が出ますし、食べ物の消化吸収や排泄などの働きが正し...

抗生物質と便秘の関係抗生物質は、病原菌を殺す役割がありますが長期的に服用していると、腸内細菌までも殺してしまう可能性があります。抗生物質は風邪などに処方されますが、数回服用しただけで下痢になる人もいます。これは、腸内の悪玉菌が増えた証拠です。抗生物質の種類によっては一回の服用だけで一気に悪玉菌が増えてしまうものもあるのです。また、たくさんの種類の抗生物質を使うと、その抗生物質に耐性を持つ細菌を作り...

腸内の状態が身体の健康を左右する腸内には善玉菌や悪玉菌、食べ物や体調によってどちらにも傾く日和見菌の三種類がすんでいて、常に勢力争いをしています。健康的な腸内は善玉菌が多くて酸性なのですが、腸内に悪玉菌が増えてくると、腸内はアルカリ性に傾いてきて、日和見菌まで悪玉菌に傾いて増えていきます。そうすると腸内が腐敗していき、便秘や下痢やさまざまな全身症状が発生していきます。逆に善玉菌は炭水化物や食物繊維...

夜更かしと便秘仕事や家事など、日々忙しい毎日を送っていると心身に疲れがたまっていきますよね。そういうとき、疲れを取るためにはやはり睡眠不足にならないことを心がけることが必要です。睡眠不足になると身体のリズムが狂ってしまうので、自律神経にも大きな影響を与えてしまいます。そうなると腸の働きも乱れて便秘ぎみになってしまいます。毎朝お通じがある人でも、夜更かしして朝方まで起きていたりすると排便リズムが乱れ...

ストレスに弱い腸日々のストレスというのは真っ先に腸に出ます。腸が弱いということはストレスにも弱いということです。例えば、通勤電車に乗るといつもお腹がゴロゴロしてしまう過敏性腸症候群に悩まされている人などは典型的なストレスに弱い人です。このような人は大事な試験や会議などのプレッシャーのかかる場面になると腸が過敏に反応してしまい、下痢や便秘になってしまうのです。このような症状はほおっておいてもなかなか...

お腹の調子と心の調子最近ではうつ病に悩まされている人も多くなってきました。このような人の多くは心療内科や精神科で処方された抗うつ薬や精神安定剤を飲み不安定な心を落ち着かせている人がほとんどだと思います。しかし、このような状況のままではその場しのぎでなかなか改善は難しいと思われます。というのも、腸の調子が心の調子につながっているからです。ただその場しのぎの効き目だけ考えて薬を処方されても、目先の症状...

お通じでメンタル状態がわかる毎日のお通じチェックしていますか?毎日のお通じをチェックすることは実はとても大切な事なのです。例えば、栄養バランスのよい食生活を送っているはずなのに、このごろなぜか便秘気味だ、便が硬くてなかなか出てこないというような時もあると思います。そのような時は、そこには必ず精神的な要素が関係してきます。まずは、その数日間自分の心がどのような状態にあったか振り返ってみましょう。何か...

便秘になったら下剤よりプチ断食をお腹が張って排便がない日が続く、便秘が続いて肌荒れが気になる、下腹がぽっこり出てきたいうようなときには、下剤を使うまえにぜひやってみてほしいことがあります。それはプチ断食です。やり方としては、1日目はファスティングジュースだけを飲んで固形の食事をやめて胃腸を休ませ、一週間かけて徐々に普通食に戻していきます。ただし、重い便秘ですでに下剤を常用している人や、半年以内に胃...

腸を活発にするといくら食べても太らなくなる!腸が整うと多くの人が3キロは自然と痩せると言われています。今までどんなダイエットに挑戦してもダメだったという人もほとんど必ずといっていいほど痩せて行きます。そもそも腸は、消化と排泄の役割だけでなく、食べ物から栄養をとり込み、血液の質までを担当する器官なのです。血液は全身の細胞に栄養を運ぶ役割があるのですが、便秘などで腸内環境が乱れていると、ドロドロ血しか...

腸の健康は短鎖脂肪酸が握っている短鎖脂肪酸をご存じですか?じつはこの短鎖脂肪酸は今や世界の研究者の注目の的です。腸や腸内細菌の研究者からは日々の便秘や不調に悩む人を救う物質なのでは?などという期待の声まであがっているのです。現代人の腸の救世主とも言われるこの短鎖脂肪酸の働きについて説明していきますね♪短鎖脂肪酸はお酢の仲間ですこの短鎖脂肪酸は酢酸や酪酸、プロピオン酸などの有機脂肪酸の総称になります...

女性ホルモンと便秘の関係生理前はホルモンバランスの具合で便秘になりがち生理前になると便秘がちになる女性が多いです。そして、生理が始まるとお通じがよくなるのです。なので、便秘と女性ホルモンとは切っても切り離せない関係なのですね。現代の女性は男性以上に責任感が強くて仕事をバリバリこなしながらも家事を行うような人も多いのですが、それだからなお、ストレスをためこみがちです。それに、無理なダイエットを続けて...

トップへ戻る