運動不足は便秘の大敵

運動不足は便秘の大敵

 

日々の生活や仕事に追われると、食事も睡眠もままならない状態になりがちです。その上、運動不足まで重なれば、ほとんど確実に便秘になります。運動不足が続くと身体が疲れを感じないので眠りが浅くなり、更に使われない筋肉が衰えていきますので、血のめぐりが悪くなり内臓に悪影響が及んでしまいます。

 

逆に、運動をしすぎても便秘が改善されない事がありますので、簡単に出来て長続きすることができる効果抜群の運動を紹介します。まずは、簡単なウォーキングで運動不足を解消してみましょう。通勤や通学やお買いものなどで駅やショッピングモールなどを利用するとき、つい便利なのでエスカレーターを使いがちですが、運動不足を解消する事を考えればよく歩くことを心がけましょう。

 

歩く時に注意してほしいのは、いつもより歩幅は広く、呼吸も深くということです。そうすることによって骨盤が自然に動き、より効果的に腸へ刺激を与える事ができます。朝食前の空腹時に硬水のミネラルウォーターを飲んでおくと、ウォーキングの快便効果がUPしますよ。

 

腸は蠕動運動によって便を外に押し出していきますが、腸が硬くなってしまうと、その働きもにぶってしまい、どんどん便がたまる便秘になってしまいます。そこでおすすめなのが、腸を指の腹で優しく圧をかけるマッサージです。やり方は、まずお腹を下にして寝転がると、腸が下におりてきますので、お腹から指で触って硬くなっている所や膨らんでいるところを直接揉みほぐして柔らかくします。

 

便秘解消のために腹筋をする方もいると思いますが、腹筋を鍛える前にこの腸が柔らかくなっていないと逆効果になりますので、まずは腸を軟らかくすることに注意しましょうね。