自分の便秘の種類を知ろう

自分の便秘の種類を知ろう

 

便秘のタイプにはおおまかにわけて4種類あります。
まず、一つは若い女性に多い「ダイエット性の便秘」です。食事制限によって食物繊維の摂取が少なくなることでもおこりがちな症状です。

 

運動不足や加齢による筋力低下で便を押し出せなくなって、排泄してもスッキリしない「弛緩性便秘」があります。また、便秘を感じても「外出先だと落ち着いて出せないから」と排泄を我慢して、直腸の働きが鈍ってしまう「直腸性便秘」も女性に多い症状です。

 

自律神経の乱れによっておこる腸の蠕動運動がくるってしまい、下痢と交互におこることが多い「けいれん性便秘」もあります。

 

 

ダイエット性便秘

ダイエットで食事を減らすことにより、食物繊維が不足してしまい、大便の材料が少なくなるため便秘になる。

 

弛緩性便秘

便意があってトイレに行くものの、すっきり出したという感覚がないタイプです。大腸の筋力が低下して便を肛門方向へ押し出す腸管運動が弱いことが原因。運動不足の人や高齢者に多い。

 

直腸性便秘

生活習慣が元で直腸部分の働きが鈍くなってしまい、排泄に必要な運動が弱い。朝、便意あっても時間なくて我慢したり、外出先でなかなか排泄出来ない人がなりやすい。

 

けいれん性便秘

ストレスが原因で腸の働きに異常が起きる症状。自律神経の乱れで腸管運動が強くなりすぎてしまい、腸のところどころがくびれて便が押し出せなくなる。便秘と下痢を繰り返すことが多い。