便秘解消の為に姿勢を正して、朝型の生活に改善しよう

便秘解消の為に姿勢を正して、朝型の生活に改善しよう

 

便秘の人には猫背の人がとても多いです。しかし、猫背を続けていると肺が圧迫されて呼吸が浅くなりますので、酸素不足によりイライラしたり、脂肪を燃やす燃料が不足してしまうことで、身体の代謝が悪くなってしまい太りやすくなってしまいます。

 

更に猫背により胃や腸などの内臓が本来の位置より下がってしまう事により下腹が出ますし、食べ物の消化吸収や排泄などの働きが正しく出来なくなってしまいます。更に、子宮も圧迫されてしまいますので、生理不順や生理痛にも悩まされますし、乳房の血行も悪くなりますのでバストも垂れていく一方です。女性にとって猫背は中身の内臓だけではなく、見た目やスタイル身体のラインまで悪くなっていってしまうのです。

 

朝型の生活は健康的だと言われていますが、実は快便のためにもメリットが大きいのです。人間の体内時計は、午前4時〜12時は排泄が活発になる時間帯、午後12〜20時は消化が活発になる時間帯、20時〜4時までは吸収が活発になる時間帯だと言われています。

 

これらの時間帯に合わせて、一日の生活リズムを変えてみると、自然と便意がおこりやすくなります。朝4時に起きたり、20時に眠るのは忙しい現代社会、難しいことかもしれませんが、起きぬけに朝日を浴びたり、眠る時は部屋を真っ暗にするなどの方法を行うと、狂った体内時計がリセットし始めますよ。