抗生物質と便秘の関係

抗生物質と便秘の関係

 

抗生物質は、病原菌を殺す役割がありますが長期的に服用していると、腸内細菌までも殺してしまう可能性があります。抗生物質は風邪などに処方されますが、数回服用しただけで下痢になる人もいます。これは、腸内の悪玉菌が増えた証拠です。抗生物質の種類によっては一回の服用だけで一気に悪玉菌が増えてしまうものもあるのです。

 

また、たくさんの種類の抗生物質を使うと、その抗生物質に耐性を持つ細菌を作り出すことになりますので、結果的にまた新しい抗生物質を生み出さなければならなくなります。しかし、このような副作用が怖いからと言って抗生物質を使わないというのも良くないので、使うことに対してのメリットの方が多い場合は使うべきです。

 

抗生物質の服用の際には、抗生物質を服用しても死滅しない乳酸菌製剤を処方出来ないか医師にたずねてみましょう。もし、処方出来ないとしても、自分で出来る対策はあります。抗生物質の服用後、少なくとも二週間はヨーグルトやオリゴ糖を含んだ食品などの善玉菌を増やす食品を積極的に摂取することを心がけましょう。そうすれば、抗生物質服用により、悪玉菌が優勢になった腸内環境を整え、正常に戻してくれますよ。

 

抗生物質服用中にとくにおすすめしたいのが、プロバイオティクスの食品です。スーパーのヨーグルト売り場で良く見ると思いますが、プロバイオティクスは、腸内に善玉菌を増やして身体を健康にする微生物のことです。普段から、プロバイオティクスを意識した食生活を心掛けておけば、腸内環境が整いますし、免疫力もつくので全身の機能が良好に保たれて病気にかかりにくい身体になりますのでおすすめですよ。